脱毛

ヒゲ脱毛は痛い?痛みの原因や緩和方法、麻酔の有無について解説!

髭脱毛 痛い

ヒゲ脱毛をしようと考えているけど、「ヒゲ脱毛は痛い!」という噂を聞いて悩んでいませんか?

ヒゲ脱毛をすればカミソリ負けで肌荒れをする心配もないし、毎朝の髭剃りから解放されて時間もできるのに・・・分かってはいるけどヒゲ脱毛の痛みに我慢できるか心配という男性も多いでしょう。

実は、ヒゲは他の部位と比べて痛みを感じやすい場所。残念ながら、麻酔を使わない限り、多少なりともヒゲ脱毛で痛いと感じます

そこで今回は、ヒゲ脱毛で痛いと感じてしまう理由をはじめ、脱毛方法ごとの痛みのレベルや痛みを緩和するための対象法について解説していきます。ヒゲ脱毛は痛いからと敬遠していた男性は、この記事を読めばヒゲ脱毛にトライしてみたくなりますよ。

ヒゲ脱毛が痛い3つの理由

髭の脱毛が痛い理由

ヒゲ脱毛に強い痛みを伴う大きな原因は3つ。

  1. 髭は毛が太く、量も多いため
  2. 顔は皮膚が薄く神経が多く通っているため
  3. 乾燥しやすいため

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ヒゲ脱毛が痛い理由1.髭は毛が太く、量も多いため

毛が太くて密集している部位は、脱毛をする際に痛みを感じやすいと言われています。

サロンやクリニックが使っている脱毛の機械は、黒い色に反応する熱エネルギーによって毛根を破壊します。

そのため、黒色が多く密度が高いと、それだけ一度に破壊される毛根の量も多くなるため、他の部位より強い痛みを感じることに。

また、太い毛ほど吸収する熱の量も多くなるため、毛が太く量も多い髭脱毛は、他の部位に比べて痛みが強いと言われているのです。

ヒゲ脱毛が痛い理由2.顔は皮膚が薄く神経が多く通っているため

顔は、全身の中でも特に皮膚が薄くて敏感な部位。さらに皮膚の近くに神経が集中しているため、痛みを感じやすい傾向があります。

歯の治療でも神経の近くを削られるとものすごく痛いですよね?

それと同様で、顔も痛覚をつかさどる神経が多い部位ですから、他の部位よりも余計に痛みを感じやすいのです。

ヒゲ脱毛が痛い理由3.乾燥しやすいため

髭剃り後や脱毛後のアフターケアを怠っている男性も多いのでは?

乾燥肌は肌のバリア機能が弱っている状態なので、外からの刺激を感じやすく、その結果痛みが出やすい状態に。

さらに痛み以外にも、かゆみを引き起こしたり、しわの原因になったりと、乾燥肌はデメリットばかり。

男性ホルモンの影響から男性の肌は水分が不足しやすいので、男性こそしっかり保湿をして乾燥対策を心がけることが大切です。肌が潤っていると施術時の痛みも和らぐのでおすすめですよ。

一番痛いヒゲ脱毛の方法はどれ!?

一番痛い脱毛方法はどれ!?脱毛方法ごとの痛み

ヒゲ脱毛の方法には、主に「ニードル脱毛」「レーザー脱毛」「光脱毛」の3種類があり、それぞれのヒゲ脱毛の方法で痛いのは、麻酔なしで痛い順に、

  • ニードル脱毛:かなり痛い
  • レーザー脱毛:痛い
  • 光脱毛:少し痛い

となっています。残念ながら、太くて濃い毛が密集しているヒゲでは、どの脱毛方法でも多少の痛みは伴います

選ぶ脱毛方法によって痛い度合いや脱毛効果は変わってくるので、ヒゲ脱毛への不安を無くした上で施術に臨めるよう、それぞれの脱毛方法について詳しく見ていきましょう。

ニードル脱毛の痛み

ニードル脱毛の痛み

ニードル脱毛は、毛穴一つ一つに針(のようなもの)を刺し、針に電流を流して毛根を破壊する脱毛方法。毛穴に直接電流を流すので、激しい痛みを伴うのがニードル脱毛最大のデメリット。レーザー脱毛や光脱毛と比べても、痛みの強さは断トツです。

麻酔を使って痛みを緩和することもできますが、麻酔は医療機関でしか扱えないため、サロンでは使えないという点に注意が必要です。

医療レーザー脱毛の痛み

医療レーザー脱毛の痛み

医療レーザー脱毛は、黒色に反応するレーザーの熱によって、毛根の働きを止める脱毛方法。照射パワーが強いため痛みを感じやすく、肌の表面に赤みが出ることもあります。

医療レーザー脱毛は痛いです。とはいえ耐えられないほどの痛みではありません(個人差があるので耐えられない男性もいます)。

繰り返しですが、医療レーザー脱毛は「痛い」です。医療レーザーによるヒゲ脱毛が痛くないという口コミも多々見られますが、麻酔を使うことによって痛みを緩和しています

医療機関で行う医療レーザー脱毛は、麻酔を使用することができるので、痛みに耐えられない場合は途中から麻酔をお願いするといいでしょう。実際、麻酔を使ってヒゲ脱毛をする場合、全く痛くないと言っても過言ではありません。

光脱毛の痛み

光脱毛は、黒色に反応する光を毛周期に合わせて繰り返し照射することで、徐々に減毛していく脱毛方法。レーザー脱毛に比べると出力が弱いため、効果が出るまでに時間がかかりますが、3つの脱毛方法の中では最も痛みが少なく、肌にも優しいというメリットがあります。

光脱毛でも痛みがゼロではありませんが、輪ゴムではじかれる程度の痛みです。それも回数を重ねるごとに痛みは薄れていくため、痛みに弱い方はこちらの脱毛方法が一番挑戦しやすいでしょう。

ただし、サロンで受ける光脱毛の場合、麻酔を使うことができないので注意が必要です。万が一痛みに耐えられない場合、やめるという選択肢しかなくなってしまいます。

ここまでの話をまとめると、ヒゲ脱毛の方法で痛いのは、痛い順に、

ニードル脱毛>>レーザー脱毛>>光脱毛

となります。

ヒゲ脱毛の痛い部位編

髭脱毛の痛い部位編

脱毛方法によって痛みの大きさもそれぞれ違うということを説明してきましたが、実は、照射部位によっても痛みの度合いは異なります。

痛い部位順に紹介していきますので、ヒゲ脱毛を検討している部位がどれくらいの痛さレベルなのか、注目しながらご覧ください。目安として「レベル5が一番痛い〜レベル1が痛くない」で表しています。

1.鼻下:痛いレベル5

鼻下は他の部位に比べて髭が密集しているため、その痛さも圧倒的。ただし、面積が小さい分、施術が終わるのも早いので、痛くても5分程度の我慢です。

2.あご:痛いレベル4

鼻下に比べると痛みは和らぎますが、あごも髭が密集している部位ではあるため、中には鼻下と同じくらい痛みを感じる人も。

さらに、鼻下より施術の範囲も広くなるため、痛みに耐える時間が長くなってしまうのが難点です。

ほほ・もみあげ:痛いレベル3

神経が多い口元に近くなるほど痛みを感じやすいため、口元から少し離れていて、毛も濃くなりにくいほほやもみあげの痛さレベルは、鼻下やあごに比べると低くなります。

ですが、もみあげや、頬骨が張っているエラ部分の毛が濃い方は、強い痛みを感じることもあるので注意してください。

4.あご下:痛いレベル2

あご下を脱毛する際もやや強めの痛みは感じますが、今まで紹介させて頂いた部位の中では最も痛みが少ないです。

クリニックでは麻酔の使用ができるので、痛みを感じやすい髭脱毛では麻酔を利用する人も多いのですが、あご下に関しては我慢できる程度の痛みのため、麻酔なしでも問題ないでしょう。

ヒゲ脱毛の痛みを抑えるためにできる3つのこと

髭脱毛の痛みを抑えるためにできる3つのこと

髭脱毛がなぜ痛いのか、その原因は分かりましたが、やっぱり痛くないに越したことはありませんよね。

少しでも痛みを和らげるにはどうすればいいのか、その方法を3つご紹介します!

1.痛みの少ない脱毛機を選ぶ

痛みに弱い方にとってはとても嬉しい情報だと思いますが、なんと!痛みの少ない脱毛機というものがあります。

今までは皮膚の表面から遠いところにある毛乳頭を破壊していたため、強い威力で脱毛する必要があり、痛みが強かったのですが、「メディオスターNext Pro」という新しい脱毛機は、皮膚の表面に近いところにあるバルジという部分をターゲットにしているため、弱い威力での脱毛が可能になっています。

施術方法も異なり、今までのように1発1発脱毛部位に機械をあてるのではなく、肌をスーッと滑らせながらゆっくり脱毛していくので、痛みや肌トラブルのリスクも少ないです。

メディオスターNext Proは、医療レーザーの機械なのでサロンでは扱っていません。また、日本に導入されてからまだあまり年数が経っておらず、全てのクリニックで扱っているわけではないので、「メディオスターNext Pro」での脱毛を望まれている方は、事前に取り扱いの有無についてクリニックに確認しておきましょう。

2.施術実績の多いクリニックを選ぶ

実績が多いクリニックでは、それだけたくさんのお客さんを施術しているということ。

痛みに対するお客さんの反応や意見を多く見聞きしている分、痛みへの対応や痛み軽減のための工夫に期待ができます。

安心して脱毛に臨むためには、信頼できるクリニックを選ぶことが重要なポイントになるので、クリニック選びの際は、施術実績の多いクリニックを選ぶことをおすすめします。

髭脱毛 おすすめ ランキング
髭脱毛おすすめランキング2019!効果があるクリニック・サロンを徹底比較「ヒゲが濃いのがコンプレックス」「毎日の髭剃りが面倒なのでひげを薄くしたい」という悩みはありませんか? ヒゲを薄くするために医療脱...

3.麻酔ができるクリニックを選ぶ

麻酔は、医療機関だからこそできる痛み軽減の方法です。脱毛をされている方の中には、痛みに耐えきれず途中で挫折してしまう方もいるので、痛みに弱い方は無理せず麻酔の利用を検討してみてください。

実際、痛みが強い髭脱毛では、麻酔を利用している人も少なくありません。

麻酔と聞くと、手術で使用するようなちょっと大がかりなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、髭脱毛で使う麻酔はもっと気軽に使えるタイプのものなので安心して頂いて大丈夫ですよ。

副作用も少なく、値段もリーズナブルなので、痛みを感じやすい最初の数回だけ麻酔を利用するというのもおすすめです。

クリニックで麻酔を使っての施術を希望される場合は、多くのクリニックでは麻酔が別料金となっていますので、事前に麻酔の有無や麻酔のタイプ、麻酔の値段について医師に確認しておきましょう。

ヒゲ脱毛の痛みに関するQ&A

髭脱毛 Q&A よくある質問

ここまで、髭脱毛を行う際に起こる痛みの原因や、痛みを軽減する方法について見て頂きましたが、いかがでしたか?

髭が生えている部位は神経が集中していて皮膚も薄いので、髭脱毛は痛みを伴いやすいです。ですが、痛みを軽減する方法もちゃんとあるので、そこまで怖がる必要はないということが分かって頂けたと思います。

最後は、髭脱毛の痛みに関してよくある質問について見ていきましょう。

Q:剛毛な人(髭が濃い人)ほど痛いって本当?

剛毛な人ほど脱毛すると痛い、これは本当です。

剛毛な人は髭が生える面積が広く、生えている毛も太くて密度も高い。そのため、脱毛機によって一度に破壊される毛根が多くなることと、吸収する熱エネルギーが大きくなることが、強い痛みの原因です。

ですが、回数を重ねるごとに毛は薄くなり、毛が薄くなると痛みも和らいでいくので、強い痛みを感じるのは最初のうちだけです。

それでも、髭が濃くて痛みに不安があるという方は、麻酔が使えるクリニックで脱毛することをおすすめします。

Q:痛みが強い=効果が高いって本当?

痛みが強い方が効果は高い、これは本当です。

痛みの強さは効果の高さに比例するので、高い効果を得るには痛みが伴います。

光脱毛とレーザー脱毛を比べて頂くとよく分かりますが、照射出力が弱い光脱毛は、痛みが少ない反面効果はゆるやか。一方、レーザー脱毛は照射出力が強く痛みがやや強い反面、短期間で高い脱毛効果を得ることができます。

どちらの脱毛方法が合うかは人それぞれですが、痛みがあるというのは、それだけしっかり毛根までレーザーが届き、効果が出ているという証拠です。

まとめ:痛みを感じないヒゲ脱毛を選ぼう!

今回は、脱毛を始める前に知っておきたい、痛みの原因や対策についてご紹介させて頂きました。

髭が生えている部位は痛みに敏感なところなので、どうしても痛みは感じてしまいます。

ですが痛みへの不安から髭脱毛を躊躇されていた方も、痛みの少ない脱毛機や麻酔の利用など、痛みを軽減する方法があると分かり、ホッとして頂けたのではないでしょうか。

髭の濃さや痛みへの耐性の違いなど、痛みの感じ方には個人差があるので、サロンやクリニックの担当者と相談しながら、ご自身に合った対策方法を選んでくださいね。