ボディケア

ハイジ男子はきもい?モテる?隠毛を剃ったり脱毛するメリットと女性受けについて解説

ハイジ男子

脱毛をするのは女性だけと思っていませんか?

実は女性の間で密かに人気を集めているアンダーヘアのない「ハイジ男子」。

隠毛を剃るのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、海外では隠毛の処理はほぼ常識ですし、日本でも徐々にハイジ男子が増加しています。

今回はハイジ男子にするメリットをはじめ、女性にモテるのかどうか、ハイジ男子にする方法などを詳しく解説していきます!

そもそもハイジ男子とは?

ハイジ男子 とは

ハイジ男子とは、アンダーヘアを脱毛した無毛の男子のことです。女性で言うところの「パイパン」の状態ですね。

ハイジの語源はハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)と呼ばれる陰部の脱毛からきています。また、ハイジニーナは「清潔」「衛生」を意味するhygine(ハイジーン)という言葉から作られた造語です。

アニメのアルプスの少女ハイジとは全く関係ありません!

ハイジ男子の女性受けはどうなの?

ハイジ男子 モテる きもい

ハイジ男子にしようか迷っている男性にとって、するかしないかの基準は女性受けが良いか悪いかにかかっているでしょう。ハイジ男子は女性にモテるという面と、キモいと思われる両面がありますが、それぞれの意見を見ていきましょう。

ハイジ男子がモテるというのは本当?

メンズラボで女性に取材をしたところ、ハイジ男子に対して以下のような意見がありました。

20代女性
20代女性
ハイジ男子は清潔感があって好き。そもそもハイジ男子にする男性は淫部だけでなく全身の身だしなみに気を使っているので、女性にモテる男性が多いと思う。
 30代女性
30代女性
セックスのときの密着度が上がるので男性にはハイジ男子にしてほしい。

また、欧米ではハイジ男子が一般的ですので、欧米の女性とお付き合いをしたい、お付き合いをしているという男性はハイジ男子にした方がいいでしょう。

ハイジ男子はきもい?女性の本音を聞いてみた

ハイジ男子がモテると言われる一方で、ハイジ男子を「きもい」と思っている女性もいます。

30代女性
30代女性
今まで10人くらいとお付き合いしましたがハイジ男子は1人だけ。初めてハイジ男子を見たときは、「ナルシスト?」「なんのセックスアピールなの?」と引いてしまいました。
20代女性
20代女性
セックスのときに男性のあそこが無毛だとびっくりしてかなり萎えます。

まだまだ脱毛をする男性は少ないため、女性が脱毛をしている男性に慣れていないというのが本当のところでしょう。メンズラボで取材をした中では、ハイジ男子に対して好印象を抱いている女性の割合の方が高かったです。

ハイジ男子になるメリット

ハイジ男子 メリット

ハイジ男子は女性受けが良いというだけでなく、主に2つのメリットがあります。

  • 衛生的で蒸れとニオイがなくなる
  • セックスの満足度アップ

それぞれのハイジ男子になるメリットを見ていきましょう。

衛生的で蒸れとニオイがなくなる

ハイジ男子にする最大のメリットとも言えるのが衛生的になるということ。陰部の毛がなくなるので、蒸れることがなくなります。

蒸れてしまうと雑菌が繁殖して不快なニオイの原因ともなりますが、蒸れがなくなるのでニオイも緩和されます。ハイジ男子は陰部のニオイが気になる「すそワキガ」の対策にもなるのです。さらに、排泄物が毛についてしまうということも防げます。

継続してハイジ男子になる人の中には、蒸れがなくなってスッキリとするのがやみつきになっている人が多いです。

セックスの満足度アップ

ハイジ男子にすることでセックスの時の肌の密着度が上がるため、陰毛がある時よりも性行為の満足度が上がるというメリットがあります。

また、陰毛がないことで女性がオーラルセックスをしやすくなりますし、男性は感じやすくなるというのもメリットでしょう。さらに、陰毛がないと男性のブツが大きく見えるという効果もあります。

ツルツルのハイジ男子になる方法

ハイジ男子 脱毛方法

ハイジ男子になるメリットを見て、「ハイジ男子になろう!」と思った男性も多いのではないでしょうか?

そんな男性のためにハイジ男子になる方法をまとめてみたので参考にしてください!

サロンやクリニックで脱毛

陰部は体の中でも最もデリケートで皮膚が弱い部分ですから、自分の手で脱毛するよりもプロの手にお任せしたいという男性におすすめなのがサロンやクリニックでの脱毛です。

サロンやクリニックでの脱毛は肌トラブルが少ないですし、永久脱毛に対応しているところもあります。ただし、サロンやクリニックへ通わなければいけないという手間がありますし、すぐに(一発で)ツルツルのハイジ男子になれるわけではありません。ハイジ男子になるまでに複数回通う必要があるのはデメリットでしょう。

また、サロンやクリニックで脱毛というと女性のものという認識があるかもしれませんが、昨今では男性専門のエステサロンやクリニックもできています。女性のスタッフに施術をしてもらうのは嫌だという男性も多いと思いますが、男性専門のサロンやクリニックでは男性スタッフが多いのでおすすめです。

陰毛脱毛ができるおすすめのクリニックは、以下の記事で紹介しています。

陰毛脱毛
男も陰毛脱毛しよう!メリット・デメリットや料金を徹底比較最近では、男性の間でも脱毛処理をすることが定着してきました。 みなさんの中にも興味のある方がいらっしゃるのではないでしょうか? ...

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは専用のワックスを陰部に塗り、乾いたら一気に剥がすという脱毛方法です。毛を思いっきり抜くようなものですから、正直かなり痛いです。

ブラジリアンワックスのメリットとしては、光脱毛などの他の脱毛方法と違い一発でツルツルのハイジ男子になれるということ。また、永久脱毛ではないので、ハイジ男子をやめたい(毛を生やしたい)と思った時に元に戻すことができます。さらに、毛根から抜いているため、次に毛が生えてきた時にチクチクしにくいというメリットがあります。

ブラジリアンワックスは「永久脱毛は躊躇してしまう」、「カミソリで剃ったときのチクチクがいやだ」という男性におすすめの脱毛方法でしょう。

カミソリで剃る

ヒゲを剃るのと同じ要領で、カミソリで陰部の毛を剃っていく方法です。

シェービングジェルを使って丁寧に剃っていくこと、剃り終わりにローションやクリームでしっかりと保湿することがポイントです。また、すぐに生えてくるので、高頻度でのお手入れが必要になります。

剃った部分がジョリジョリになりやすいですし、カミソリ負けをして肌が炎症してしまう(赤いブツブツができる)可能性も高いのでおすすめできません

脱毛クリームや除毛クリーム

脱毛クリームや除毛クリームは専用のクリームで毛を溶かすことによって脱毛する方法です。最近では市販や通販で販売されているものも増えており、手軽に毛を薄くできると人気を集めています。

しかし、脱毛クリームには毛を溶かすほどの強い成分が配合されていますので、デリケートな陰部で使うには刺激が強すぎます。腕の毛やすね毛を脱毛する分には良いかもしれませんが、陰部の脱毛にはおすすめできません

ごく一部の除毛クリームで陰毛への使用ができます。以下の記事で陰毛にも使える除毛クリームをまとめていますので、参考にしてください。

陰毛に使える除毛(脱毛)クリーム2選!ムダ毛処理を手軽に行おう陰毛を手軽に処理できると注目を集めている「除毛(脱毛)クリーム」。 最近では女性だけではなく、男性の間でも陰部の除毛(脱毛)に興味...

ハイジ男子になる方法をまとめると、

  • サロンやクリニックで脱毛:肌トラブルが少ない。永久脱毛にも対応
  • ブラジリアンワックス:痛いが一発でハイジ男子になれる
  • カミソリで剃る:肌が炎症しやすいのでおすすめできない
  • 脱毛クリームや除毛クリーム:刺激が強いのでおすすめできない

ハイジ男子の割合

ハイジ男子 割合

ハイジ男子という言葉が徐々に有名になっていますが、「ハイジ男子なんて見たことないよ」という人がほとんどではないでしょうか。

温泉に行ってもハイジ男子なんてまず見かけません。本当にハイジ男子っているの?と疑問に思いますよね。

日本の男性の脱毛率は非常に低く、正確な統計はありませんが脱毛をしているのは10%程度と言われています。しかも、この10%というのはハイジ男子にしている割合ではなく、脱毛をしている割合ですので、ハイジ男子にしている人はもっと少ないです。

さらに、ハイジ男子にすると温泉に行くのが恥ずかしいという人もいますから、温泉などでハイジ男子を見かけることはほとんどないのです。

ハイジ男子の芸能人&有名人

芸能人や有名人は見た目が仕事上とても大切なので、ヒゲや脇毛を脱毛している人は多いですが、実はハイジ男子の人も多いです。

  • ホリエモンこと堀江貴文さん
  • アンタッチャブル柴田英嗣さん
  • ウーマンラッシュアワー村本大輔さん
  • サッカー日本代表の本田圭佑選手や香川真司選手

ちなみに、海外の国によってはハイジ男子はごくごく一般的。そんな国で生活をしていると、自然とハイジ男子にしたくなるものなのかもしれません。海外生活をしているスポーツ選手の中にはハイジ男子の割合が多いようです。

まとめ:ハイジ男子はスタンダードに!?

一度ハイジ男子にすると淫部の蒸れがなくなりますし、セックスの満足度も上がるのでやみつきになります。

ハイジ男子はまだまだ希少種と言えますが、清潔で女性受けもいいですし、今後徐々に増えていくでしょう。