ボディケア

男の足の臭いは重曹で消える?効かない?使い方やおすすめの重曹を徹底解説!

足の臭い 重曹

一日の仕事を終えて帰宅。靴を脱いだ瞬間、解放感と共にモワ~としたニオイが漂いますよね。靴下を裏返しに脱いじゃいけないと分かっていても、靴下のつま先部分は絶対に触りたくない・・。なぜなら手にニオイがついてしまうから。

本当に、仕事終わりの足って臭いですよね。これは、ほぼ100%に近い確率で皆さん臭いと思います。

ですが、足のニオイをそのままにしておくと、恥ずかしい思いをすることも多々ありますし、周囲の人にも迷惑です。

女性からすると、居酒屋の小上がりで靴を脱いだ時に足が臭い男性の隣には座りたくないですし、臭い足で自宅に上がられるのも抵抗があります。

また、足が臭いとわかっていても、ニオイケアしていない男性も多いですよね。その不潔な感じ、男性は気にしていなくても、女性には嫌われます。そして、足のニオイはケアすれば確実に軽減できます。

そこで、コスパが良く足にも靴にも消臭効果を発揮する「重曹」を使った足のニオイケアについてご紹介いたします!

足が臭い原因とは?

足 臭い 原因

臭い足のニオイを「納豆臭い」または「チーズ臭い」と表現することがあるように、足のニオイの原因となる成分はイソ吉草酸(いそきっそうさん)というニオイ物質で、納豆やチーズにも含まれる成分です。

納豆やチーズが臭いわけではありませんが、足から納豆やチーズのニオイがするのは臭いですね。

では、なぜ足の裏から納豆やチーズのニオイがしてしまうのでしょうか。それは雑菌が原因です。人の皮膚表面には常在菌がいます。これは正常なことです。ただし、足の場合は一日中靴下を履き、靴を履いているために蒸れて菌が増えすぎてしまうのです。

足が臭い原因となる雑菌が増えてしまうのは、以下のようなことが挙げられます。

汗をかく・・・

足の裏には汗腺が沢山あります。人は本来裸足で生活していたので汗は滑り止めの役目を果たしていました。ですが、靴を履くようになると、汗で靴の中が蒸れてしまい、高温多湿で雑菌が繫殖してしまうのです。

角質・・・

足の裏は体の他の部分に比べて角質が厚くなっています。中でもかかとの角質が分厚くなっている人も多いのではないでしょうか。角質は、垢となり菌を増殖させる餌となってしまいます。

靴、靴下・・・

通気性の悪い靴下や靴は足が蒸れる環境をつくってしまいます。また、菌の温床となり足をキレイに洗っても靴の中が汚れたままだと元の木阿弥となってしまいます。

足のニオイの原因は雑菌だけが原因ではありません。思いもよらないことが足の臭さの原因となることがあるのです。

体の疲れ・・・

足の裏から出る汗はエクリン腺という汗腺から出ます。エクリン腺から出る汗は水分が99%なので、本来はニオイが気になりません。

ですが、体が疲れると汗の中に乳酸などニオイの素となる老廃物が含まれます。これらの老廃物は菌の餌となりニオイを強くしてしまいます。

爪垢・・・

見落としがちなのが、爪と皮膚との間に溜まる爪垢です。特に親指には爪垢が溜まりやすく、洗わずにいると強烈なニオイを発します。親指の爪の間に挟まったゴミのニオイを嗅いだことがありますか?凄く臭いですよ。

ストレス・・・

身体の疲れもニオイの原因となりますが、精神的なストレスも同じ理由でニオイの原因となります。また、緊張した時などストレスを感じると足の裏にかく汗の量も増えてより一層ニオイが強くなってしまいます。

重曹が足の臭いに効果的な理由

重曹が足の臭いに効果的な理由

掃除や洗濯、脱臭に料理。さまざまなところで活躍する重曹ですが、足のニオイにも効果的なのをご存知でしょうか?

では、なぜ重曹が足のニオイに効果的なのでしょうか。

結論から言うと、足のニオイと重曹(炭酸水素ナトリウム)の化学反応です。足のニオイの原因となるイソ吉草酸は酸性であり、重曹は弱アルカリ性です。なので、足のニオイの原因となるイソ吉草酸が重曹により中和されるわけです。

また、重曹には湿気を吸収する働きもあるので、重曹を靴の中に入れておくと、ニオイと共に汗の湿気も吸水してくれます。

足の臭いに重曹が効かないという噂は本当?

足の臭いに重曹が効かないという噂は本当?

消臭・吸湿効果のある重曹ですが「足のニオイには効かない」という説もあります。ですが正しくは「重曹が効かない種類の足のニオイもある」ということです。

つまり、イソ吉草酸が原因の足のニオイには重曹が効くが、ニオイの原因がイソ吉草酸以外であれば効かないのです。

重曹が効かない足のニオイは「水虫」と「アンモニア臭」です。それぞれについて詳しく説明します。

水虫が原因の臭いは重曹では消せない

基本的に水虫の原因となる白癬菌(はくせんきん)自体はニオイを発しません。水虫が臭いのではなく、靴の中が高温多湿で臭いニオイを発する環境になっているために、水虫も発症するのです。

簡単に説明すると、

足が蒸れる→臭いニオイが発生→水虫も発生

ということです。ただし、水虫になると角質が分厚くなってしまいます。先の項目でも説明しましたが、このぶ厚い角質は菌の餌となりニオイの原因となります。

なので、水虫の人の場合は、まず病院を受診して水虫の治療をしましょう。水虫を治すためには、足を清潔にすることは必須です。医師の指導のもと足を清潔にし、薬を使用すれば自然と足のニオイも軽減されます。

アンモニア臭は重曹では消せない

菌の増殖が原因の足のニオイは重曹で中和することができますが、疲労臭と言われる足のアンモニア臭は重曹で中和することはできません。なぜなら、アンモニアはアルカリ性なので、弱アルカリ性の重曹で中和することはできないのです。

そして、疲労臭のアンモニア臭は体の内側から発生するものです。なので、足を清潔にするだけではニオイを消すことはできません。大事なのは体を休め、体の血流を良くすることです。

特に立ち仕事などで、脚がむくんでいる場合には入浴してマッサージするなど、まずは足のむくみを取りましょう。

足の臭いをなくす重曹の使い方

重曹 使い方

一般に売られている重曹は、掃除用・食品用・医薬品とグレードがあります。グレードの違いは精製度合いなのですが、足のニオイケアに使用するのであれば掃除用でも問題ありません。ちなみに、食品用の重曹はあく抜きや膨張剤などの役目、医薬品は胃薬として使われます。

重曹を料理にも使ってみたいという方は食品用を購入してみてもいいかもしれませんね。医薬品になると、若干値段が高くなるので、足のニオイケアにはもったいないかな~という感じです。

それでは、足のニオイを消す重曹の使い方を説明していきます!

まずは足のケアを!

重曹で足のニオイケアをするには、足湯が効果的です。洗面器かバケツにお湯を張り、重曹を大さじ一杯入れます。軽く混ぜて足を入れます。後は15分位足湯するだけです。

足湯中に足の指の間を軽くこするとより効果的にニオイが消えます。また、重曹には研磨作用があるので、かかとなど角質のざらつきが気になる部分を足湯中にマッサージすればツルツルになります。

15分経って足湯が終われば、シャワーで洗い流して終了です。冬場など気温の低い時期には足湯の温度が下がってきますので、冷たく感じる場合には火傷に気を付けて差し湯するといいですね。

また、重曹は入浴剤などにも含まれる成分で、血行を良くする効果もあります。足湯をすると体全体がポカポカと温まるので足のむくみや、疲労回復にも最適です。

そして、湯ぶねに浸かる習慣のある方は湯船自体に重曹を大さじ3杯くらい入れて入浴剤としてもいいですね。足のニオイケアもできますし、体の疲れも取れて一石二鳥です。

ただし、極まれに、重曹がお肌に合わない場合もあります。敏感肌の方が初めて利用する場合は重曹の量を少なくして片足から始めてみるといいですね。

次に靴のケアを!

重曹を靴のケアに使う時は、重曹水を作ります。スプレー容器に「水150ml:重曹小さじ1杯」を入れて混ぜて溶かします。

これを靴の中にスプレーして消臭するのですが、中敷きが取りだせる靴の場合は中敷きを取り出して中敷きにスプレーしましょう。スプレーした後は1日から2日は乾燥させるのが理想です。

ビジネスシューズが1足しかない、という場合でも中敷きは2組用意しておけば大丈夫ですね。ちなみに、靴が1足、中敷きが1組しかなくても5~6時間空けば重曹水でケアした中敷きも大抵は乾きます。ただし、梅雨時期や冬には乾ききらないことがあるので注意しましょう。

もう一つの使い方として、重曹を粉状のままガーゼやハンカチに包み靴の中に入れておくという方法もあります。重曹の吸湿・消臭効果で靴の湿気やニオイを取ってくれます。

注意点として、重曹の粉が靴の中にこぼれないようにしっかりとガーゼやハンカチの口を縛るようにしましょう。

【参考動画】重曹で靴の臭いを消す方法

最後は靴下のケアも!

臭い靴下を洗濯機に入れる前にひと手間かけることで、ニオイケアをすることができます。バケツや洗面器に40度位のお湯を入れ、重曹を小さじ1杯溶かし入れます。そこに靴下を付け起きし、30分位経ったら洗濯機に入れていつも通り洗濯します。

ここで、気を付けてほしいのは付け置きには40度位のお湯を使うことです。水だと重曹が溶け切らずに効果を発揮することができません。

おすすめの重曹

重曹は、お掃除用から食品用まで沢山の商品があります。中でもおすすめの重曹をご紹介します。

パックス重曹

パックス重曹

人にも環境にも優しいパックス石鹸シリーズです。掃除用と食用に使える2タイプがあります。

公式サイトを見る

シャボン玉重曹

シャボン玉重曹

人にも環境にも優しいシャボン玉石鹼ナチュラルクリーニングシリーズの重曹です。

公式サイトを見る

ミヨシ暮らしの重曹

ミヨシ暮らしの重曹

お肌に優しいシンプル石鹼のMIYOSHIの重曹です。

公式サイトを見る

また、まずは少量で試してみたいという方には百均の重曹がおすすめです。

  • ダイソー重曹 350g 108円税込:掃除用
  • キャンドゥ 300g 108円税込:掃除用
  • セリア 240g 108円税込:料理用

重曹以外で足の臭いに効果的なもの

重曹では足のニオイがいまいち軽減されないという方は、ニオイの原因がイソ吉草酸ではないのかもしれないですね。

そんな時には、重曹と反対の性質を持つミョウバンやクエン酸がおすすめです。

ミョウバン水

ミョウバン 粉

ミョウバンは水に溶かすことで酸性となり、菌の増殖を抑えます。他にも、汗を抑える制汗効果も期待することができます。

使い方としては、ミョウバン水を作りキレイに洗った足に直接スプレーします。スプレーした後はタオルなどで拭き取らず自然乾燥させるようにしましょう。そうすることで、ミョウバンが足の肌に残り菌の増殖を抑えてくれます。

ミョウバン水の作り方ですが、ミョウバン30g:水900mlで溶かします。これをスプレー容器に入れて使うのですが、ミョウバンがすぐには溶けないことがあります。そういった場合には2~3日放置しておくと、自然と溶けます。白濁した状態ではまだ溶け切っていないので透明になるまで待ちましょう。

以下はワキガ対策に使うミョウバン水の作り方ですが、同じものを足にも使えますので、参考にして下さい。

ミョウバン水
ワキガに効くミョウバン水の効果と作り方!脇汗が悪化するって本当?「ミョウバン水がワキガに効果的」という話を聞いたことはありませんか? 食品添加物として使われてることの多いミョウバンですが、実は殺...

クエン酸

レモンや酢などの酸っぱい成分がクエン酸です。クエン酸も重曹と同じように掃除用・食品用・医薬品とグレードが分かれています。

クエン酸は酸性です。弱アルカリ性の重曹とは反対の性質をもちますので、重曹ではケアすることができない足のアンモニア臭をケアすることができるのです。

また、重曹はイソ吉草酸と中和することでニオイを消してくれますが、クエン酸は菌の増殖を抑え殺菌することでニオイを抑えます。

使い方は重曹と同じように、洗面器やバケツにお湯を張りクエン酸を大さじ2杯ほどいれて溶かします。石鹸で洗った足を入れて15分程足湯します。

足湯しながら指の間も軽く洗うようにしましょう。そして、軽くシャワーで洗い流してタオルで拭き終了です。

敏感肌の方は念のため、片足だけで試して刺激がないかを確認してから始めましょう。

お酢

お酢は酸性なので、クエン酸と同じようにして使うことができます。ただし、お酢を使って足湯をするとお酢のニオイが足に残ってしまいます。そして、部屋にもお酢のニオイが漂ってしまうので、日常で足のニオイケアをするにはクエン酸が便利です。

クエン酸を購入する前に、お酢で試してみるのもいいかもしれませんね。ただし、すし酢や米酢など調味料が含まれている物は足湯に向いていないので、穀物酢と表示されているお酢を使うようにしましょう。

洗い過ぎは要注意!足が臭うのは洗い過ぎ原因かも

足のニオイを気にするあまり、1日に何度も足を洗っては逆効果となることがあります。というのも、足を洗いすぎることで肌が乾燥してしまうのです。

そうなると、乾燥した肌を守るために皮脂が過剰に分泌されます。皮脂は菌の餌となり菌を増殖させてしまい、菌の増殖はニオイを悪化させてしまいます。

足を洗った後には保湿剤などを塗り、過剰な乾燥を防ぐようにしましょう。

重曹の用意が面倒なメンズは、制汗剤を使おう

男性 足 臭い 制汗剤

毎日の重曹足湯は面倒、もしくは夜にニオイケアしても翌日の夕方には臭い足に逆戻り・・・。という場合には、男性用の制汗剤を上手に活用しましょう。

男性用の制汗剤は主に塗るクリームタイプとスプレータイプの2種類があります。クリームタイプの制汗剤は入浴後の足が清潔になった状態で、足の裏や指の間に塗りこみます。こうすることで、菌の繁殖を抑えてニオイを軽減します。

スプレータイプの足用制汗剤は、出先でのニオイケアに便利です。仕事先で靴を脱ぐことがある、仕事帰りに子上がりのある居酒屋に寄る、なんていう時には、靴を脱ぐ前にちょっとお手洗いへ行きましょう。

ウェットシートや濡れティッシュで足の裏から指の間までを清潔に拭き、制汗剤をかければ足のニオイは大幅に軽減されます。足用の制汗剤の中には、靴下の上からでも利用できるタイプの制汗剤もあります。時間をかけずにニオイケアしたい場面ではとても便利ですね。

制汗剤 メンズ
おすすめのメンズ制汗剤12選!男の汗と臭いをデオドラントでブロック!夏になると気になる汗のニオイ。男臭さを消すためにメンズ制汗剤(デオドラント)を使っている男性も多いのではないでしょうか。 しかし、...

面倒かもしれませんが足のニオイケアグッズとして、靴下・制汗剤・ウェットシートを入れたポーチを鞄に忍ばせておくと、急な場面でも対処することができますね。靴用の消臭スプレーも用意しておけば完璧です。

また、実はワキガ用のクリームも足のにおい対策に有効です。ワキガクリームは肌への密着性が高く、汗と臭いの両方をブロックしてくれるので、制汗剤でも効果がなかったという男性はぜひ試してみてください。以下の記事ではワキガ対策用のクリームをまとめています。足の臭い対策にも使えるクリームなので、参考にして下さい。

ワキガクリーム
ワキガ対策クリームおすすめランキング2019!市販でも買える男のワキガ臭に効く6つのクリームを厳選 自分のワキガの臭いが周りにバレていないか気になる 今まで色々なワキガ対策をしてみたけど効果がなかった 脇汗が止ま...

まとめ

強烈なニオイを放つ足の裏ですが、念入りに洗った後はニオイが消えていますよね?ということは、足自体が臭いのではなくて、汗をかき靴下や靴の中で菌が増えてしまったために臭っているのです。

臭わない足を作るには、毎日清潔に洗い角質や爪垢を溜めないことが大切です。そして、足が納豆臭い原因となるイソ吉草酸を中和・消臭する重曹での足湯が効果的です。

足を清潔にしても、靴の中が雑菌だらけでは意味がありません。重曹スプレーや靴用消臭剤を利用し、しっかりと乾燥させましょう。重曹に殺菌効果はありませんが、しっかりと乾燥させることで菌を減らすことができます。

足の蒸れたニオイは、周りの人にとってはとても不快なものです。毎日の足ケア・靴ケアで足のニオイを軽減させましょう!