ダイエット

チートデイで停滞期を抜け出せ!ダイエットを効率よく行う方法

チートデイ アイキャッチ

ダイエットにチャレンジしたけど、

  • リバウンドしてしまった
  • 途中で挫折してしまった
  • 食事制限がストレスだった

などの経験はありませんか?チートデイというのは食べることを我慢するのではなく、あえて「1日だけ、食べたいものを好きなだけ食べる」ことで、効率よくダイエットを成功させる方法です。

「そんなことをしたらリバウンドしそう。今までの努力が無駄になりそう。」と思われがちですが、やり方さえ間違えなければ、今までよりも簡単にダイエットを成功させることができるんです。科学的な根拠も含めて、チートデイの正しい方法についてご紹介します。

そもそもチートデイとは?

チートデイとは

チートデイという言葉を知っていますか?

チートデイとは、効率よくダイエットを成功させるために「1日だけ、食べたいものを食べる日を作る」方法です。ダイエット中に食べたいものを我慢して、身体に疲れを溜めてしまったり、ストレスを感じたりしていませんか?

チートデイはそんな悩みも解決しながら、今までよりも簡単にダイエットを成功させる方法です。今から詳しい内容や方法について、ご紹介します。

チートデイの語源

チート(cheat)は「騙す・ごまかす」という英単語で、減量を効率的に行うために身体を騙す日を作るということです。実際には身体ではなく脳を騙すことによって、減量期における停滞期をより早く抜け出し、ダイエットを効率的に行うための方法です。

チートデイを行う目的

チートデイを行う目的は、減量期間における停滞期を早く抜け出すことで、効率的にダイエットを成功させることです。減量を開始した直後は、ある程度の体重は簡単に落ちますが、減量を続けていると停滞期が訪れます。その停滞期間のおよその目安は半月から一か月ほどだとされていて、長い停滞期を最短ルートでクリアしようというのがチートデイを行う目的です。

長い停滞期に差し掛かって、せっかく続けてきたダイエットを挫折してしまう人が少なくありません。実は、この停滞期にダイエットをやめてしまうのが一番リバウンドしやすいんです。

精神的なストレスや健康状態が悪化しやすいのも停滞期の悩みですが、チートデイを導入することでリバウンドを防ぎ、心と身体の悩みも改善することができます。

ダイエットの停滞期はなぜくるのか?

チートデイ 停滞期停滞期が来るのには理由があります。それを知っていれば、成果が出ない停滞期でも諦めずにモチベーションを維持することができるでしょう。今までの努力を確実に成功につなげるために、停滞期を乗り越えるための心の準備をしておきましょう。それでは詳しく説明していきます。

身体の反応

少し体重が落ちた後に停滞期が来るのは、身体が自分を守ろうとしているからなんです。人間には「生命を維持するために必要な状態」を保ち続けようとする、恒常性維持という機能が備わっています。

自分はポジティブにダイエットをしているつもりでも、身体は飢餓状態に陥っていると勘違いをして、今の状態をなんとか維持し続けようとします。

動物にとって恒常性維持は命にかかわる大切な機能で、餓死を防ぐために脂肪の燃焼を抑え、全身の代謝を落として、少ないエネルギーで命をつなごうとします。これが停滞期の正体です。

リバウンドをしてしまうのは、「飢餓状態になる前に脂肪を溜めておこう」と身体が判断するからです。そうすると、普段よりも食べる量が少なくても、体重が増える可能性があります。

停滞期の期間

停滞期が訪れるのは、元の体重から5%の体重が減ったぐらいからだとされています。これは個人差があるのであくまで目安としてですが、例えば元の体重が70㎏の場合であれば、3.5㎏体重が減って、66.5㎏になったあたりが停滞期が来る目安となります。

停滞期の期間は、これも個人差がある所ですが半月~1か月ほどです。とても長く感じるかもしれませんが、停滞期が終われば再び体重は落ちていくようになります。

精神的なストレス(ダイエットの挫折)

最初にダイエットを始めた頃は成果も出やすいため、モチベーションを高く維持しやすいです。しかし停滞期に入ってしまうと、なかなか成果も出にくくなり、少しずつ溜まってきたストレスや疲れによって、続けることが難しくなってしまいますよね。

普段とは違う食生活をするということは、それだけ心や身体に負担がかかることなんです。チートデイは、その心と身体の負担も軽減しながらダイエットを行うことが可能です。

チートデイをすべき人・そうでない人

チートデイ すべき人チートデイを行うにあたって「すべき人とすべきではない人」に分かれます。本来、すべきではない人がチートデイを行ってしまうと、ただ太るだけの習慣になってしまいます。チートデイを行うべきなのかどうか、個人の特性に合わせて見ていきましょう。

チートデイをすべき人

  • 食事制限をしている人
  • 元の体重から5%体重が落ちた人

上の2項目に該当する人が、チートデイをすべき人です。きちんと食事制限をしていて、ある程度体重が落ちた人であれば、チートデイを行って停滞期を早く抜け出せる可能性があります。

食事制限をしていないのにもかかわらず、チートデイを取り入れてしまっては、ただの暴飲暴食です。そして体重が落ちていない人は、まだ停滞期にも入っていないはずなので、適度な運動と食事制限を繰り返して、徐々に体重を減らしていきましょう。

チートデイをすべきではない人

  • 運動をメインにしていて、食事制限をしていない人
  • 食欲を抑えることができない人

上の2項目に該当する人が、チートデイをすべきではない人です。運動をメインにしていて、食事制限をあまりしていない人は、運動をすることで脂肪が減ると同時に、筋肉量も増えています。

なので、体重が停滞しているように見えていても、それは恒常性維持による停滞期ではなく、脂肪が減り筋肉が増えてプラマイゼロになっているだけなんです。

筋肉量を増やしながら身体を絞っていきたい人は、チートデイではなくリーンバルクをおすすめします。ムキムキの身体を目指したい人は、以下の記事を読んでみてください。

無駄な脂肪をつけない『リーンバルク』で筋肉を増量する方法!「筋トレしてるけど、脂肪も増えて体重がすごく増えてしまった」という人も多いのではないでしょうか?筋トレをするなら、筋肉をつけながらスリム...

また、チートデイを一番やってはいけない人は、食欲を抑えることができない人です。一度食べてしまうと止められなくなる可能性があるので、自分の意志が弱いと思う人は絶対にやらない方がいいです。

チートデイをおすすめしたい人

チートデイをおすすめしたい人は、食事に対して精神的なストレスが溜まっていたり、食事の変化によって身体に不調が出始めている人です。もちろんきちんと食事制限をしており、体重が落ちていることが前提条件です。

そして、ストイックに食事制限をしていても、食事に対するストレスもなければ、特にチートデイを行う必要はありません。そのまま努力を続けて、理想の体形を目指しましょう。

チートデイの正しいやり方。ダイエットを成功に導こう

チートデイ やり方
お待たせしました。これから実際にチートデイのやり方についてご紹介していきます。ストレスを溜めずに、効率よくダイエット・減量を成功させましょう!

チートデイを行う頻度

チートデイで一番重要なのが、『頻度』です。無計画にチートデイをするのは、ただの暴飲暴食になるのでやめましょう。

各々の体脂肪率によって、チートデイを作ってもいい頻度は異なりますので、下に目安を書いておきます。体脂肪率が高い人ほど、チートデイの間隔をあけてください。

  • 体脂肪率20%前後→2週間に1回
  • 体脂肪率15%前後→10日に1回
  • 体脂肪率10%前後→1週間に1回
  • 体脂肪率7%以下→4日に1回

基本的には体脂肪率が25%以上の人に、チートデイは必要ありません。食事制限と適度な運動をして、少しずつ体重を落としていきましょう。

チートデイの食事方法

チートデイでは、特に決まった食事はありませんので、どんな食事をしても基本的には大丈夫です。無理をしてたくさん食べる必要もないので、丸1日は好きなものを好きなだけ食べてください。

ただし、チートデイで一番やってはいけないことは、減量中だからといってどこかで我慢をしてしまうことです。この日は自分へのご褒美だと思って、思いっきり食事を楽しんでください。この日に、どれだけ溜まっていた精神的なストレスを解消できるかが大切です。

チートデイの翌朝:気持ちの整理

当たり前のことですが、チートデイの翌日の朝は体重が増えます。ここで落ち込んだり、罪悪感を感じたりする必要は全くありません。チートデイは効率よくダイエット・減量を成功させるために行っているのですから、目先の結果に捉われずに、頻度を守ってこれからも努力を続けていきましょう。

チートデイで注意すべき点

チートデイ 注意点チートデイにおける注意すべき点を紹介します。効果的にチートデイを行うために、注意点をしっかりと守って行いましょう。

食べることを気にしない

先ほども説明しましたが、チートデイの日は食べることを我慢してはいけません。むしろ「食べることでダイエットできる」という心意気で食事をしましょう。チートデイでは食べることで身体を騙すだけでなく、精神的なストレスを発散する日です。

好きなものを好きなだけ食べることで、精神的にも肉体的にも元気を取り戻して、理想的な体つくりを目指しましょう。

チートデイの頻度を必ず守る

これも当たり前のことですが、チートデイの頻度を守るようにしましょう。メリハリがとても大事です。チートデイの翌日は胃が拡張していることもあって、食欲が抑えきれない危険性もあります。理想の体形を手に入れるために、食欲や誘惑に打ち克ちましょう。

まとめ

いかがでしたか。ダイエットを成功させるために、大食いが効果的というのは意外ですよね。

正しいやり方でチートデイを行えば、1か月の停滞期をすぐに抜け出すことができます。効率的にダイエットを成功させるためにぜひ試してみてください。

チートデイを行う上で重要なのは自己管理です。食欲や誘惑に負けずに、理想の体形を手に入れましょう。