ボディケア

パパ臭い…なんて言わせない!加齢臭の原因と8つの対策・予防法でニオイケア

パパ臭い...なんて言わせない!加齢臭の原因と8つの対策・予防法でニオイケア

休日の午後、愛する娘とのひと時を楽しもうとした時に「パパ臭い!」なんて言われたらショックですよね。

想像もしたくありませんが・・・加齢臭はやはり年齢を重ねるごとに、どうしても臭ってしまうものです。

そこで今回は、加齢臭の原因と8つの対策・予防法についてお話ししていきたいと思います。

そもそも加齢臭ってどんなニオイ?

そもそも加齢臭ってどんなニオイ?

そもそも加齢臭とはどんなニオイのことを指すのでしょうか。中高年のおじさんの臭いを想像してみてください。なんとなくむせ返るような、ちょっと隣にはいたくないなって思ってしまうあの臭いです。

一般的には、古い油やロウソクだったり、古い本や古いポマードというように、なんとなく古いもので油臭さを感じるような臭いのことを指します。ワキガの臭いとは異なり、おじいちゃんやおじさんから感じたことのある臭いです。

人によって個人差があるので、この臭いが加齢臭という特定はできません。お酒を飲めばそのアルコール臭が混ざりますし、タバコを吸う人であればたばこ臭さも混じります。ニンニクなど臭いが強い食べ物も気になります。

加齢臭に自分で気づくためのセルフチェック方法

加齢臭に自分で気づくためのセルフチェック方法

自宅で「パパ臭い!」「一緒に洗濯しないで!」なんて言われたくはありませんよね。

周りから言われる前に、自分で加齢臭に気付く方法をご紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

枕の臭いをチェック!

枕のニオイをチェック!

枕の臭いをチェックして臭い場合は、かなり重症だと考えることができます。

頭皮は皮脂の分泌が多く、髪の毛によって蒸れやすい場所でもあるので、汗をかくと臭いやすくなります。

お風呂上りの清潔な状態で使う枕が臭う場合は、かなり加齢臭がきつくなっていると考えられます。

シャツの襟の色や臭いをチェック!

シャツの襟の色やニオイをチェック!

加齢臭は至近距離の時に感じやすいのですが、普段の生活の中で加齢臭を判断しやすい場所というのが、シャツの襟の部分です。

シャツの襟も汗じみができやすい代表的な場所です。中高年になると首周りには特に汗をかきやすくなります。シャツを脱いだ時に首回りや襟などが臭わないかチェックしてみるとよくわかります。

服の脇の色や臭いをチェックする

服の脇の色やニオイをチェックする

脇は、一般的に汗をかくと臭いやすい場所です。特に男性の場合は、女性と違ってわき毛の処理をしていないことが多く、汗をかくと脇が蒸れやすい傾向にあります。

脇汗は、わき毛によって蒸れることでワキガではなくても嫌な臭いを放ってしまう原因となりますので、服の脇の部分が変色していたり、臭う場合は注意が必要です。

それでも心配な場合は家族に相談を

家族に臭いチェックをお願いするのも嫌な顔をされてしまうこともあるかもしれませんが、一番確実な方法と言えます。

皮脂分泌量の多い頭皮や首元の臭いを直接確認してもらうようにすると、加齢臭を発しているかがわかります。

加齢臭の原因

加齢臭の原因

加齢臭はどうして起こるのでしょうか。加齢臭はその名前の通り加齢が原因で起こるものです。

じつは、男女ともに関係なく40代あたりから加齢臭の原因物質となる「ノネナール」が分泌されやすくなるため、あの嫌な臭いが発生してしまうのです。このノネナールが加齢臭の主要な成分です。

汗には、アンモニアや酢酸など色々な臭いが入り混じっているので、皮脂に含まれるノネナールと混ざり、独特のあの加齢臭のニオイを作り出してしまいます。

ノネナールは脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで生成されますが、その原因の過酸化脂質は活性酸素によって生み出されます。活性酸素というのは、簡単に言うと老化をもたらすものです。アンチエイジングのために抗酸化作用のあるものを摂取するというのは、この活性酸素の働きを鈍らせることが目的なのです。

活性酸素の生成は年を重ねることが一つの原因ですが、ストレスや喫煙、偏った食生活なども原因となります。普段の生活の中で疲れを感じていることが多い方は、それだけ活性酸素が生成されてしまう可能性も高いので、注意が必要です。

もう臭いとは言わせない!加齢臭の対策

加齢臭対策1.清潔なタオルで汗をこまめにふく

加齢臭対策1.清潔なタオルで汗をこまめにふく

まずは、臭いの発生源となる汗をこまめに拭き取ることです。汗をそのままにしておくと空気に触れることで雑菌が繁殖します。

この雑菌が強烈な臭いを発生させてしまうので、こまめに清潔なタオルで拭くことが大切です。

汗が出てすぐに拭き取れなかった場合は、濡らして絞ったタオルを使うようにすると、汗と一緒に体内から排出された皮脂汚れもふき取ることができます。

女性にも加齢臭がありますが、男性に比べてこまめに汗を拭いたり、化粧をするため男性よりもこまめにケアを行っていることが多く、男性ほど加齢臭が話題にならないと考えることができます。

個人差はありますが、こまめに汗を拭くようにするだけでも、加齢臭を抑えることができるようになります。

加齢臭対策2.脂質を控え、食生活のバランスをよくする

加齢臭対策2.脂質を控え、食生活のバランスをよくする

脂の乗った料理は本当においしいですよね。お肉が大好きで、疲れた日にはお肉ばかり食べているという人も多いのではないでしょうか。

動物性の脂肪は、皮脂の分泌を促す効果があると言われています。日本人がもともとあまり臭いに悩まされなかったのは、魚中心の和食だったからとも言われています。

食の欧米化が進むにつれ、加齢臭はもちろん、体臭に悩まされている人も増えてきているのが現実です。やはり油は摂りすぎると、その分を身体の外に排出しようとするために、皮脂の分泌が多くなってしまいます。

皮脂の分泌を減らすためには、脂質を控えた食事を意識することが大切です。味噌や豆腐など大豆製品は、活性酸素の生成を抑えるといった働きもあります。魚や野菜といった昔ながらの和食を意識するとよいでしょう。

食生活のバランスはとても大切です。野菜やフルーツには抗酸化作用を持つ食べ物もたくさんあります。臭い対策のためにも、脂をとりすぎるような偏った食事にならないように気を付けましょう。

加齢臭対策としてぜひ摂取してほしいのが、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを多く含む食べ物です。食事の時にデザートとしてキウイやイチゴ、イチジク、グレープフルーツ、ブルーベリーなどのフルーツを食べるようにするのがおすすめです。

また、老廃物を身体にため込んでしまうと、汗の臭いもキツくなってしまいます。体内に老廃物をため込まないようにするためにも、腸内環境を整えるために乳酸菌を多く含む納豆や漬物、ヨーグルトなどの発酵食品を食べるようにすることも大切です。

加齢臭対策3.適度な運動でいい汗をかく

加齢臭対策3.適度な運動でいい汗をかく

適度な運動は、ストレスの解消にもつながります。過度な運動はかえってストレスにつながってしまいますが、体を動かしいて気持ちいい、いい汗をかいたと感じることができるくらいの適度な運動はとても大切です。運動をすることでいい汗をかくと、体内の老廃物も汗と一緒に外にうまく排出することができます。

汗をかかない状態が続くと汗腺の機能も低下してしまうため、老廃物が外に排出されずにたまったままとなります。そして、その老廃物が溜まった状態で汗をかくと、強い臭いを発してしまうことにつながるのです。

ですので、定期的に適度な運動を行い、いい汗をかくことは加齢臭対策としても有効です。もちろん健康のためにもなるので一石二鳥ですね。

加齢臭対策4.体をしっかりと洗う

加齢臭対策4.体をしっかりと洗う

身体をきれいに洗うことは大切です。毎日シャワーを浴びたり、湯船につかって汗を洗い流しているとは思いますが、このときに洗い残しがあると加齢臭の原因となってしまうことがあります。

脇はもちろんですが、頭皮や首回り、耳の裏は特に臭いの発生源となりやすい場所です。髪の長い男性の場合は、首から背中も気を付けておきましょう。ニキビができやすい体質の人は、ニキビができる場所は特に皮脂が多いので、常に清潔にするようにしたいですね。

加齢臭対策としては、夏場など寝汗をかいたときは朝からシャワーを浴びることも有効です。夜はできればゆっくりと湯船につかるようにしましょう。毛穴が開いて、臭いの原因の一つともいえる毛穴に詰まった汚れもきれいに落ちます。

以下はワキガ対策用の石鹸ですが、加齢臭にも効果的です。

ワキガ 石鹸 ボディソープ
ワキガ臭対策におすすめの石鹸とボディソープ!お風呂で腋臭ケアをしよう脇の匂い、気になりませんか? 日中の汗をかいた後だけでなく、朝起きた時やお風呂上がりでもワキガの匂いが気になるという悩みを抱えてい...

加齢臭対策5.ストレスをためない

加齢臭対策5.ストレスをためない

ストレスは活性酸素を発生させてしまいます。加齢臭を出さないためにもストレスをためないようにすることが大切です。しかし、ストレスをためない生活と言われても、実際にストレスフリーな生活を送ることはとても難しいと言えます。

ストレスをためずに発散するのには、適度な運動をすることも一つです。ゆっくりと湯船につかって、疲れを翌日に持ち越さないようにすることもとても有効でしょう。また、楽しいことをしていると自然とストレスも解消されますので、趣味などの時間を持つことも大切です。

加齢臭対策6.たばこやお酒は控える

加齢臭対策6.たばこやお酒は控える

加齢臭のニオイの原因として挙げられるのが、たばこやお酒の臭いです。このような嗜好品は、臭いの好き嫌いが人によってもはっきりと分かれるものです。

たばこは、たばこそのもの自体も独特の臭いがするために不快に感じる人もとても多いです。また、たばこを吸うことで活性酸素を発生させてしまいます。つまりタバコを吸うことで自ら加齢臭の元を生み出しているようなものと言えます。臭いと言われないためにも、たばこは控えるようにするのがよいでしょう。

お酒も苦手な人にとっては、気分が悪くなってしまうほど、不快な臭いです。汗とお酒が混じった臭いは、「酔っ払いの臭い」としても嫌がられます。お酒を飲んだ後の汗や口臭はかなり臭います。ただでさえ臭いが気になる汗と混じったお酒の臭いは、かなり耐え難いです。お酒もできる限り控えるようにしたいですね。

加齢臭対策7.加齢臭対策用のシャンプーやボディソープを使う

加齢臭対策7.加齢臭対策用のシャンプーやボディソープを使う

加齢臭対策を簡単にできる、加齢臭対策用のシャンプーやボディソープを使うのも一つの方法です。臭いのもとを分解除去する働きのある成分を配合したタイプもありますので、そのようなシャンプー・ボディソープを使うことで、臭いを抑えることができます。

有名なのが柿渋エキスが配合されたものです。緑茶エキスや炭、ミョウバン、銀イオン、クロロフィルなどが配合されているものも臭いに対して効果が期待できます。

男性向けの商品が多いですが、最近は女性の加齢臭も注目されているため、女性向けの加齢臭対策のボディソープなどもあります。

加齢臭 ボディソープ
加齢臭を抑えるボディソープの選び方と洗い方のコツ!40代から始める加齢臭対策中年以降になると、加齢臭が気になってきますよね。加齢臭の原因物質は40代になると急増するらしく、仕事をしている人の約7割強の人が、他人の...

加齢臭対策8.加齢臭対策のサプリメントを飲む

加齢臭対策8.加齢臭対策のサプリメントを飲む

加齢臭対策のためにサプリメントを飲むのもひとつの方法です。

いろいろな対策方法を試してみても加齢臭が改善されない場合は、サプリメントを飲むことで体質改善を試みてみるのもよいでしょう。

加齢臭に関するQ&A

加齢臭に関するQ&A

Q1:加齢臭が出始める年齢は何歳から?

加齢臭が出始める年齢は40代に突入したあたりです。不思議とそれよりも若い世代からは加齢臭の原因となる成分は汗に含まれてません。

40代を過ぎたあたりから年齢が上がるとともに加齢臭が強くなる傾向にあります。

60代ごろまでが一番の加齢臭のピークです。その後は皮脂の分泌量が徐々に減っていくため、自然と臭いは薄くなっていきます。

Q2:加齢臭は周りの人を不快にさせるの?

加齢臭は、基本的には周りの人を不快にさせると思っていいでしょう。

なんとなく油臭いような臭いを心地よく感じる人はいません。香水や柔軟剤の臭いでも不快に感じる人がいることを考えると、加齢臭が周りの人を不快にさせることも納得ができます。

しかし、中にはおじいちゃんの臭いがするというように「ちょっと懐かしい臭い」だと感じる人もいます。

Q3:周りの人は加齢臭に気づいているの?

加齢臭が発生する場所は、皮脂が多い場所です。つまり男性の場合は頭皮や顔、首回り、脇といった上半身です。

人と接するときに、鼻の位置に近い場所が臭いを放っている状況が想像ができると思います。会話をする距離や電車で隣同士になると、意識していなくても加齢臭に気が付いてしまいます。

まとめ

40代をすぎるとどうしても加齢とともに気になってしまう加齢臭。そんな加齢臭も臭いを抑えるために対策することができます。

今回は、サプリやシャンプーのような即効性のあるものや、食事や運動など、日々の習慣にしていくことで体の内側から徐々に変わってくような方法をご紹介させていただきました。

周りを不快にさせないように、「パパ臭い!」と言われる前に、日ごろからしっかりと対策を行っておきましょう。