サプリ・プロテイン

プロテインを飲むと下痢や腹痛になる原因とその対処方法とは?

プロテイン 下痢 腹痛

筋トレやランニングなどのトレーニングだけでなく、ダイエットのためにプロテインを利用する方も増えてきていますよね。プロテインはタンパク質を効果的に吸収できるため、筋肉を大きくしたり引き締まった体を作るために有効です。

ただ、「プロテインを飲むと下痢をしてしまう」「プロテインを飲んだら腹痛/胃痛が・・・」という悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、プロテインが下痢や腹痛(お腹のゴロゴロ)を引き起こす4つの原因と、その対処法を紹介していきます。

プロテインを飲んで下痢になる原因は主に4つ

1.乳糖不耐症

プロテイン 乳糖不耐症

プロテインを飲んで下痢をしてしまう方に比較的多いのが乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)というものです。

あまり聞きなれない病名なので心配になるかもしれませんが、簡単に説明すると牛乳などの乳製品に含まれる乳糖を吸収できない、または少ししか吸収できないという病気で、その人たちが牛乳を原材料とするプロテイン(ホエイプロテインやカゼインプロテイン)を飲むと免疫がないため下痢になるというものです。

日本人には比較的多い症状なのであまり心配する必要はありません。

乳糖不耐症といっても許容できる乳糖の量は人それぞれ。乳糖を一切受け付けないという人は牛乳などが飲めず、プロテインを飲む以前に把握しているでしょうから、プロテインを飲んで乳糖不耐症かもと疑問に思った人は少なくともある程度の乳糖は消化吸収して身体が受け入れられるはずです。

2.冷たい水で溶かしている

冷たい水を急に飲むことでお腹が冷え、下痢や腹痛が引き起こされるということはよくあること。プロテインの成分が原因だと思っていたら、単に冷たい水で飲んでいるのが原因だったということもあります。

3.プロテインを一気飲みするor過剰摂取している

胃腸が弱い体質の方に多いですが、プロテインを一気に飲み干すとお腹を下すことがあるようです。こちらもプロテインの成分が原因というより、体調や体質によって引き起こされる下痢や腹痛と言えます。

また、一気に飲むだけでなく、一度に飲む量が多いと、上の2つの原因にも繋がることがあります。多少の量の乳糖では問題なくても、大量に摂ることで反応を起こしてしまうというものです。

4.プロテインの主成分以外に体が合っていない

ほとんどのプロテインは主成分であるタンパク質以外にも様々な栄養素が含まれています。プロテインの目的に応じて含まれている成分は多種にわたるので一概には言えませんが、プロテインを飲んで下痢を起こす場合、主成分以外に入っているものにも意識を向けましょう。

この記事を読んでくださっている方はプロテインによる下痢や腹痛に悩まされている方が多いと思いますが、思い当たる原因はありましたか?

ここからは、上で挙げたそれぞれに対する対処方法を紹介しています。

プロテインで下痢にならないための4つの対処方法

プロテイン 下痢 対策

1.乳糖不耐症の人はWPI製法のプロテインを選ぼう

プロテインには主に4種類の製造方法(WPC製法、WPI製法、CFM製法、WPH製法)があります

その中のWPI製法で作られたプロテインは、乳糖をほとんど含んでいないという特徴があります。そのため、WPI製法であっても多少の乳糖が含まれていますが、乳糖不耐症の方でも飲むことができる場合がありおすすめです。

また、WPIプロテインはタンパク質が高純度で含まれていて、脂質が少ないのでカロリーを気にしている人にもおすすめです。

WPIプロテイン
WPIプロテインの人気おすすめランキング!値段や海外プロテインを徹底比較数多くあるプロテインの中でもタンパク質の純度が高く、筋トレを頻繁に行う方に好まれる「WPIプロテイン」。 今回はWPIプロテインに...

ただし、WPIプロテインは乳頭を取り除いていると言っても、微量ながら含まれています。ほぼ完璧に乳頭を取り除いたプロテインを飲みたい方は、お値段が高くなりますが、CFM製法とWPH製法のプロテインを選ぶといいでしょう。

2.常温の水で溶かして飲もう

シンプルな対応ですが、冷水ではなく常温で飲みましょう。ジムには常温が出る水道がない場合も多いですが、トレーニングを始める前に水を入れておけば、トレーニング終了後には常温の水になっているので簡単に試してみることができます。もちろん、冷水の方が美味しいのは間違いないのですが・・・

3.一度に飲む量を見直そう

まずは一気に飲み干さないように、少しずつ飲むようにしましょう。プロテインは液体ですが、多少なりとも咀嚼(噛む)行為をすることで口に含まれる唾液が分泌されて消化促進の効果がありますし、胃に入る前に体温に近い温度になるので胃にも優しいです。

4.今飲んでいるプロテインの成分を見直してみよう

販売されているほとんどのプロテインは主成分だけでなく含有している成分を全て開示していますので、腹痛などの体調不良を引き起こすものがないか調べましょう。

まとめ

プロテインを飲んで下痢や腹痛になる原因と対策を説明してきましたがいかがでしたか?

プロテインは高たんぱく低カロリーの栄養補助食品として筋トレはもちろん、ダイエットや減量にも使える優れものです。一度腹痛になったからと辞めてしまうのではなく、原因を突き詰めて上手にプロテインと付き合ってみてください。