サプリ・プロテイン

プロテインバーで効率的に栄養補給!おすすめ10選を徹底比較

プロテインバー おすすめ

プロテインというと粉末を専用のシェイカーに入れてシャカシャカ振ってから飲むものというイメージはありませんか?

実は、タンパク質(=プロテイン)を手軽に摂取できるプロテインバーというものもあります。プロテインバーはタンパク質はもちろん、ビタミンやミネラルなどがバランス良く配合されており、筋トレのお供や間食として重宝されています

ただ、プロテインバーについては知らないという人も多いので、今回はプロテインバーの選び方を解説しつつ、おすすめのプロテインバーも紹介していきます。

そもそもプロテインバーとは?

プロテインバー とは

プロテインバーとは、その名の通りタンパク質(=プロテイン)を豊富に含んだスティック状(=バー)の食品です。

日ごろ筋トレやスポーツに取り組んでいる人に今さらタンパク質の重要性を説明する必要はないかもしれませんが、タンパク質は筋肉を作る上で最も大切な栄養素です。筋トレや練習で酷使した身体は様々な栄養素を欲していますが、タンパク質が不足すると筋肉が付きません。つまり筋トレの効果が全く出ないということになります。

もちろん、日ごろの食事から十分なタンパク質を摂取できている人もいますが、多くの日本人はタンパク質不足と言われており、筋トレをする方はタンパク質をプロテインバーなどの補助食品から補うことが大切です。

タンパク質を多く含んだいわゆる「プロテイン」には粉末タイプ、ゼリータイプ、ドリンクタイプなどがあり、それぞれにメリット/デメリットがあります。プロテインバーは特に持ち運びに便利でいつでも手軽に食べられる、またタンパク質以外の栄養素も豊富というメリットがあります。

ちなみに、プロテインバーはコンビニやドラッグストアでも棚に置かれることが増えてきており、筋トレなどをしないオフィスで働く方も食べるものになってきています。

プロテインバーを選ぶ3つの基準

プロテインバーを選ぶ3つの基準

コンビニやアマゾンなどのネットショプでは数多くのプロテインバーがあり、選ぶのに悩んでしまうという方も多いでしょう。そこで、初めてプロテインバーを買ってみるという人は以下の3つのポイントを意識してプロテインバーを選びましょう。

タンパク質の含有量

プロテインバーにはタンパク質をはじめ、食物繊維、糖質、ミネラルやビタミンなどが含まれていますが、プロテインバーを食べる最大の目的はタンパク質を摂取することです。タンパク質の含有量が少ないプロテインバーを選ぶのはナンセンスと言えます。

ちなみに、プロテインバーに含まれるタンパク質は2g~25g程度とかなりの差があります。栄養表示のところを確認して、タンパク質の含有量で比較しましょう。

大人買いで安くなるか

プロテインバーは1本100円〜300円程度と、粉末のプロテインと比べると高くなりがちです。コスパだけを考えると粉末のプロテインでいいじゃないかという結論になってしまいますが、プロテインバーは持ち運びに便利で小腹を満たすのにも適しているため重宝します。

そこで1本1本買うのではなく、大人買いをすることで少しでも安く、コスパよく買えるようにしましょう。

毎日食べても飽きない味

大人買いで大量に買うことを考えると、毎日食べても飽きない味というのは意外と大切です。はじめのうちは1本ずつ購入して味を確かめてみるといいでしょう。

おすすめのプロテインバー10選

1.ウイダーinバー プロテイン ベイクドチョコ

ウイダーinバー プロテイン ベイクドチョコ

海外産のプロテインバーが多いなかで、国産のものがいいという方におすすめなのがウイダーが販売している「inバー プロテイン」

ベイクドチョコ、バニラ、ナッツと3つの味があるのですが、中でもおすすめなのがベイクドチョコ味です。普通に美味しいチョコのお菓子で、プロテインバーと意識して食べることはありません。美味しいので継続することも簡単。むしろ食べ過ぎてしまわないか心配なほどです。

栄養素としてはタンパク質が10.4g配合されており、プロテインバーとしては十分な量のタンパク質が含まれています。その他、タンパク質の働きを助けてくれるビタミンB群なども配合されています。

タンパク質
カロリー
フレーバー
価格

2.Premier Protein プロテインバー バラエティパック

Premier Protein プレミア プロテイン プロテインバー バラエティパック

Amazonでもベストセラーに輝く海外製で人気のプロテインバー。最大の特徴は何と言ってもタンパク質の含有量。1本当たり30gのタンパク質を含んでいるプロテインバーはかなり珍しく、多くのタンパク質を摂りたいという人におすすめです。

また、プレミアプロテインバーは3種の味が入ったバラエティパックとなっているので、飽きにくいというのも特徴しょう。ちなみに味はダブルチョコレートクランチ味、チョコレートピーナッツバター味、ピーナッツバタークランチ味です。

ちなみに、「ジョコビッチの生まれ変わる食事」で注目を集めているグルテンフリーの食事をしている人にとって朗報なのですが、このプロテインバーはグルテンフリーです。

3.丸善 プロフィットささみプロテインバー

丸善 プロフィットささみプロテインバー

鳥ささみの良質なタンパク質をプロテインバーにギュッと凝縮した一本。1本あたりのカロリーが67kcalと非常に少なく、カロリーを抑えてタンパク質を摂取したいという方など、ダイエット中や減量期に使うのがおすすめです。

また、チョコレート味が多いプロテインバーの中では一風変わった味で、美味しくもまずくもないという口コミが多いです。実際にメンズラボ編集部でも食べてみたところ、魚肉ソーセージのような味で、好みがわかれる味だな、というのが編集部の意見です。

4.コンバット クランチバー

コンバット クランチバー

食べ応えのあるプロテインバーが欲しいという人におすすめなのがコンバットクランチバー。1位のウイダーのプロテインバーが35gなのに対して、このプロテインバーは63gと食べ応え十分です。

タンパク質の含有量は20g、ビタミン群も豊富です。カロリーが比較的高いのでダイエット用に食べたい人にはあまり向いていませんが、アスリートなどタンパク質とともにエネルギーが欲しい人には向いているプロテインバーです。

5.DNS バーエックス チョコレート風味

DNS バーエックス チョコレート風味

プロテインやスポーツサプリメントで有名なDNSが販売するプロテインバー「バーエックス」。1本にタンパク質15.6gが配合されているだけでなく、パフォーマンスを向上させる上で欠かすことのできないビタミンやミネラルなどの栄養素を15種類も配合しています。

6.ソイピュアバー

ソイピュアバー

ここまで紹介したプロテインバーは、トレーニングのお供におすすめのものばかりでしたが、ソイピュアバーはダイエット用のプロテインバーです。

7.BSN Syntha-6 プロテインバー

BSN Syntha-6 プロテインバー

クリスプタイプでサクサク食感を楽しめる「Syntha-6プロテインバー」。しっとりタイプのプロテインバーが多い中で、お菓子感覚で食べられるので、普段と違うプロテインバーを食べたいという方におすすめです。

また、1本あたりのたんぱく質量は20g。カルシウムや鉄などの栄養素も配合されているので、栄養バランスを整える役割も果たしてくれます。

8.MUSASHI ローカーボ プロテインバー

MUSASHI ローカーボ プロテインバー

MUSASHIローカーボプロテインバーは、小さ目のプロテインバーで小腹満たしにちょうどいいサイズ。名前にも付いていますが、「ローカーボ=低炭水化物」のことで、炭水化物や糖質制限をしている方にぴったりのプロテインバーです。

9.クエストニュートリション プロテインバー

クエストニュートリション プロテインバー

同じ味では飽きてしまうという方におすすめなのが「クエストニュートリションのプロテインバー」。18種類のプロテインバーが入っているバラエティーパックで、全て味は異なります。

それぞれの味だけが入った商品もあるので、まずは18種類試してみて、気に入ったものを購入するというのもありですね!

10.マイプロテイン オーツ&ホエイ プロテインバー

マイプロテイン オーツ&ホエイ プロテインバー

ヨーロッパ最大のプロテインメーカーMYPROTEINが販売する「オーツ&ホエイ プロテインバー」。最大の特徴は1本88gもある食べごたえ。タンパク質も22gと十分な量がはいっています。

粉末のプロテインとプロテインバーならどっちを優先すべき?

プロテインバー プロテイン 粉末

理想を言えば状況に応じて両方使うのがいいのですが、どちらかだけを選ぶのであれば、プロテインバーよりも粉末タイプのプロテインを優先すべきです。

そもそも、粉末のプロテインにしてもプロテインバーにしても、これらを食べる最大の目的はタンパク質を摂取すること。タンパク質を摂取するという観点から考えると、コスパが良いのは粉末のプロテインです。

同じ量のタンパク質を摂取しようと思った場合、プロテインバーは粉末のプロテインよりも2~3倍ほどのお金がかかります。商品の種類やまとめ買いすることによって安くなりますが、粉末のプロテインもまとめ買いすることによって安くなることに変わりはありません。

さらに、粉末状のプロテインは種類が豊富で、国産、海外産を問わず、様々な味を楽しめるのも特徴です。粉末状のプロテインのおすすめは、以下でまとめていますので参考にしてください。

プロテイン おすすめ ランキング
プロテインおすすめランキング2018!失敗しない選び方と違いを徹底解説「ガリガリの体質がコンプレックス」「筋トレをしても思うように成果がでない」という悩みはありませんか? 筋肉をつけたりダイエットをす...

また、プロテインバーはタンパク質だけでなく糖質や脂質を多く含むため、純粋にタンパク質を摂取したいという人には向いていません。粉末タイプのプロテインを飲んでいる上で、さらにプロテインバーも食べるという順序がいいでしょう。

ちなみに、純粋にタンパク質だけを摂りたい方は、WPIプロテインがおすすめです。詳細は以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

WPIプロテイン
WPIプロテインの人気おすすめランキング!値段や海外プロテインを徹底比較数多くあるプロテインの中でもタンパク質の純度が高く、筋トレを頻繁に行う方に好まれる「WPIプロテイン」。 今回はWPIプロテインに...

もちろん、目的や状況に応じてプロテインバーの方が適しているということもありますが、まずは粉末のプロテインを飲むことから始めましょう。

まとめ

プロテインバーの選び方をはじめ、おすすめのプロテインバーについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

粉末のプロテインを飲めない時でも、プロテインバーがあれば手軽にタンパク質を補給することができます。筋トレの前後だけでなく、ランチや間食のお供としても優れているプロテインバーをぜひ活用してみてください。

また、筋トレで理想のボディを手に入れるためにも、きちんと栄養補給のことも考えてみましょう!