スリープ

仕事中眠い時にできる眠気覚まし4選!デスクで簡単にできる眠気対策

仕事 眠い 睡魔 眠気

「お昼を食べた後が眠すぎて仕事にならない…」
「昨日夜更かしをしてしまったため仕事中に眠い…」

このように、昼間の仕事中に眠くなってしまって、会議中やパソコンでの作業中にウトウトしてしまうことありますよね。

仕事をほっぽり出して仮眠を取れれば楽なのですが、仮眠を取れない方も多いでしょう。また、期限が迫っていて仕事を終わらせたい時は眠気を吹き飛ばしたいものですよね。

そこで今回は、仕事中に襲ってくる眠気を吹き飛ばす方法を紹介していきます。自分の席で手軽にできるものをはじめ、そもそも仕事中に眠くならなくなる方法も紹介します。

自分の席でできる眠気覚まし4選

オフィス 眠気対策

会議中や仕事によっては席を立つことができない場合もありますよね。まずは自分の席でもできる手軽な眠気覚ましの方法を見てみましょう。

仕事中の眠気覚まし①カフェインを摂取する

周知の事実だとは思いますが、カフェインを摂取することは効果的な眠気対策になります。コーヒーやお茶などオフィスに常備されていることも多いでしょうから、手軽にできる眠気対策です。

ただし、カフェインの眠気覚まし効果(覚醒効果)はカフェインを摂取してから30分ほどかかると言われています。重要な会議や仕事の30分前に飲むといいでしょう。

また、特に眠くなる昼食後の眠気対策のためにカフェインを摂取する場合、食事を終えて席に着いてからコーヒーを飲むのではなく、食事をしたところでコーヒーを飲むといいでしょう。移動時間やトイレに寄る時間を利用して、カフェインが吸収されるようにします。

仕事中の眠気覚まし②ガムやチョコレートなどで口を動かす

噛むことは脳を刺激する働きがあるため眠気覚ましとして効果的です。

カフェインを含んだミント系のガムが眠気覚ましに効果的というのはわかると思いますが、チョコレートが眠気覚ましに効果的と言われてもピンときませんよね。

じつは、チョコレートに含まれているテオブロミンという成分がカフェインと似た働きをするため、覚醒作用があるのです。また、テオブロミンは覚醒作用のあるセロトニンの働きを助けます。

チョコレートは食べすぎると太ったり肌荒れの原因になりますが、一口二口食べるぶんには眠気覚ましにもストレス解消にも効果的なのです。

仕事中の眠気覚まし③ツボ押し

「眠気覚まし用のツボ」というのは数多くありますが、今回は眠気覚ましのツボとして有名なツボをいくつか紹介します。それぞれのツボを気持ちいと感じる強さで数秒から10秒程度押しましょう。

・中衝(ちゅうしょう)
中衝は手の中指の爪の根元で、人差し指側にあります。両手にあるので、仕事中に眠くなったら、反対の手の親指と人差し指で中衝付近を強くつまむといいでしょう。また、つまんだら左右に回転させるように動かすと痛気持ちいです。

・合谷(ごうこく)
手のひら(掌)側、親指と人差し指の付け根の間にあるツボです。中衝と同じように反対の手の親指と人差し指ではさんで強くつまむといいでしょう。

・百会(ひゃくえ)
頭のてっぺんにあるツボです。人差し指や中指を使ってグッグッと押すと気持ちいいのが分かると思います。百会は眠気覚ましの効果だけでなく、目の疲れや頭痛・肩こりなどのデスクワークにつきものの疲れにも効果的です。

仕事中の眠気覚まし④:隣の席の人とおしゃべりする

じつは、「人と話す」ことは効果の大きい眠気対策です。特に上司や先輩など緊張感を持って接する相手と話すことは効果的な眠気対策になります。

軽いストレッチやウォーキングで眠気覚まし

眠気対策 ウォーキング

自分の席でできる眠気覚ましだけでは睡魔に負けてしまいそうな時は、席を立ち上がってストレッチやウォーキングをすることも眠気覚ましに効果的です。

オフィスの外に出られるのであれば、オフィスの周りを1周してみるといいでしょう。歩くことで血流がよくなり、気持ちがリフレッシュされて、眠気も軽減されます。

最強の眠気覚しは仮眠!仕事中の眠いを吹き飛ばせ

最強の眠気覚しは仮眠!仕事中の眠いを吹き飛ばせ

ここまで仕事中に眠くなった時の対策を紹介してきましたが、やはり一番効果的な眠気対策は『仮眠』です。

仮眠スペースを設けている企業も増えていますが、まだまだ仮眠スペースがない企業の方が多いでしょう。仮眠スペースがある場合は積極的に使い、ない場合は席で仮眠をとりましょう。

その際、寝過ぎないというのも重要。昼間の仮眠は20分程度、午後3時までにしましょう。

休日は睡眠負債を返済する90分仮眠もおすすめ!
最適な仮眠時間とは?1分、15分、20分、90分、短時間でスッキリ目覚める仮眠時間を解説!睡眠不足で日中に眠くなってしまうことありますよね。 日中の強い眠気は無理に耐えようとするのではなく、適度な仮眠をとることで、仮眠か...

また、仮眠をする前にカフェイン入りのドリンク(コーヒーやエナジードリンク)を飲むのもおすすめです。カフェインは摂取から30分〜1時間で覚醒効果が出てくるため、仮眠前にカフェインをとっておくと仮眠の目覚めがスッキリします。

パワーナップとは?やり方と効果、お昼寝におすすめのクッションを紹介みなさんはパワーナップという言葉を聞いたことはありますか? 「パワーナップ=お昼寝」だと思っている方は損をしているかもしれません。...

ストレスが日中の眠気を引き起こす!?

ストレスが日中の眠気を引き起こす!?

多くの社会人が悩まされている日中の眠気ですが、その原因で多いと言われるのが「ストレス」です。

ストレスがたまると、深い眠りを妨げる作用があるホルモン「コルチコトロピン」が分泌されてしまいます。すると、寝付きが悪くなったり、夜中に目が覚めてしまうことにつながり、睡眠時間を長く取ったとしても睡眠不足の状態になってしまうのです。

このような睡眠不足が続くと、本来睡眠によって解消されるはずの疲労物質(睡眠物質)が溜まってしまい、日中でも眠くなってしまいます。

これによって仕事中でも強い眠気を感じ、集中力をなくしてしまうのです。

現代人が抱えがちな代表的なストレス3つとは?

現代人が抱えがちな代表的なストレス3つとは?

睡眠に影響を及ぼす可能性のあるストレスには、具体的にどのような種類があるのでしょうか?

代表的な3つのストレスについてまとめてみました。

1.仕事によるストレス

仕事では、営業ノルマや納期管理、部下への指示出しやクレーム対応など、様々なストレスがあると思います。

たとえ楽しく仕事をしていたとしても、その仕事が適職であったとしても、知らない間に負荷がかかっているものです。

仕事によるストレスは、睡眠の質を高める上で、決して見過ごせない原因といえるでしょう。

2.人間関係によるストレス

職場での上司とのやりとりは、多くの方がストレスを感じるところだと思います。

また、上司だけでなく、同僚・部下との関係、さらには家庭や友人などプライベートでも、人とのやり取りの中で不安や緊張を感じることがあります。

価値観の違う人たちとも、うまく折り合いをつけていかないといけないので、苦労したり悩んだりすることも多いでしょう。

そういった人間関係の問題は、非常に大きなストレスになることがあります。

3.テクノストレス

近ごろ特に問題視されているストレスに「テクノストレス」があります。

パソコンやスマートフォンなどを長時間にわたって操作するのは、目に負担がかかり疲れを生む原因となります。

最近では、仕事も書類ではなくパソコン上でデータ管理することも多く、仕事中は常にパソコンと向かい合っているという方も多いようです。

また、SNSなどをプライベートで利用するため、仕事後も体にストレスを与える一因となっています。

ストレス対策・疲労回復にオススメの成分

ここまで、睡眠の質に関わる3つのストレスについてご紹介してきました。

ここからはストレスによる睡眠不足を解消し、睡眠の質向上をサポートするのにオススメの成分をご紹介します。

テアニン

テアニン

テアニンはお茶に含まれるアミノ酸の一種です。起床時の疲労感や眠気を軽減するとの報告があります。

また、ストレス緩和・集中力アップ・リラックス作用などの効果が報告されています。

テアニンを多く含む食品:

緑茶・抹茶・烏龍茶・紅茶

GABA

GABA

動物や植物・人間の体内にも多く存在する、天然アミノ酸の1つです。

GABAには、気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があり、ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質を抑えて、リラックス状態をもたらす作用があります。

ストレスを低減するチョコレートの名称としても、認知度が広がってきていますよね。

ストレスを多く抱える社会人は、特に不足しやすい成分です。

GABAを多く含む食品:

トマト・じゃがいも・チョコレート

夜の睡眠の質を高めて仕事中の眠いを解消しよう!

夜の睡眠の質を高めて仕事中の眠いを解消しよう!

様々な眠気対策を紹介してきましたが、これらはあくまで一時的な対策。言い方は悪いですがあくまでその場しのぎです。

仕事中に眠くなってしまう原因を根本的に治すために大切なのは夜の睡眠です。睡眠の質を上げて、「仕事中に眠い」という状態にならなくなるのがベストでしょう。

また、睡眠時間が足りない寝不足だけでなく、睡眠の質が低い/浅いことによる寝不足も仕事の効率を下げる原因になります。日本のサラリーマンは睡眠を軽視しがちで、仕事や飲みのつけを睡眠に回している人も多いのではないでしょうか?

夜の睡眠の質を上げることは業務効率のアップにつながり、以下のような良い結果につながります。

  • 残業をせずに仕事を終わらせる
  • 上司から高い評価をもらう
  • 昇進・昇級する

とはいえ、忙しい人であれば、夜の睡眠時間をこれ以上長くできないよという人も多いでしょう。睡眠時間を増やせない場合、睡眠の質を改善できるように努力しましょう。

ちょっとしたことで睡眠の質は改善することができます。例えば、

  • 朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びる
  • 夜寝る前のスマホ/PCをやめる
  • 就寝2~3時間前は食事をしない
  • 睡眠サプリメントをとる

生活習慣を大きく変えることなくできることなので、ぜひ試してみてください。

睡眠サプリ おすすめ
睡眠サプリおすすめランキング2018!効果・成分・副作用を徹底比較「夜なかなか眠れずに熟睡できない」「日中眠くなってしまう」という悩みはありませんか? ストレスの多い現代社会では睡眠の悩みを抱えて...

まとめ

仕事中に眠くなってしまった時の対策はいかがでしたか?

社風や会社内の立場にもよりますが、仕事中に眠いからといって簡単に仮眠を取れない人も多いでしょう。

夜しっかりと睡眠をとって昼間眠くならないようにするのが一番いいですが、もし仕事中に眠くなってしまった場合は、今回紹介した眠気覚ましを試してみてください。