ボディメイク

筋トレ時にコーヒーを飲めば効果アップ?メリットやタイミングを解説!

筋トレ コーヒー アイキャッチ

疲れている時や集中したい時に、温かいコーヒーでほっと一息休憩をしながら、やる気やモチベーションを高めている人も多いのではないでしょうか?

筋トレの時にコーヒーを飲むと、お腹まわりの脂肪も落ちやすくなって、トレーニングの集中力もアップするんですよ。筋肉を増やしながら、余分な脂肪を落としたい方には、特におすすめ。

今回は、「コーヒーは筋トレにどのような効果があるのか?」「コーヒーを摂るベストタイミングはいつか?」について詳しく紹介していきます。

筋トレでコーヒーを飲む3つのメリット

コーヒー 筋トレ メリットコーヒーを飲むことによって得られる3つのメリットについて、紹介していきます。

①脂肪燃焼効果

コーヒーを飲んで1時間ほど安静にした後、運動を開始すると最も脂肪燃焼効果が高まります。本来、人間の身体はトレーニングをすると糖質から燃えていくのですが、コーヒーを飲むと優先的に脂肪を燃やしてくれるんです。

トレーニングをするとグリコーゲンが先にエネルギーとして使われますが、コーヒーを飲むと「リパーゼ」という酵素が活性化され、血中の脂肪酸を先に分解してくれます。コーヒーを飲むことで通常のトレーニング時より、脂肪が燃えやすい状態になるんですよ。

②集中力・モチベーションの向上

コーヒーにはカフェインが含まれています。その効果は「興奮作用」と「覚醒作用」です。集中できていなかったり、やる気がなかったりすると、どうしてもトレーニングの質が下がってしまいます。

しかし、コーヒーを摂取することで、脳が刺激され活性化し、集中力とモチベーションが向上します。毎日のトレーニングで、ベストパフォーマンスを続けることが、効率的に筋肥大を行うための近道です!

③疲労感が軽減

疲労感を感じてしまうと、どうしてもトレーニングに集中できないですよね。コーヒーに含まれるカフェインには、脳の疲労を感じる部分を麻痺させる効果があるので、筋トレの集中力を長く続かせることができます。

筋トレの集中力を持続することができれば、高重量・高回数のトレーニングができるようになり、筋トレの効果がアップします。

筋トレに効果的なコーヒーの成分

筋トレ コーヒー 成分コーヒーに入っている成分が、筋トレにどのような効果があるのか、詳しく紹介していきます。

カフェイン

カフェインはエナジードリンクやコーヒーに多く含まれていて、眠気防止作用があることで有名です。カフェインには他にも、集中力を向上させる効果や、筋肉の力を発揮しやすくする効果があります。

筋トレ前にカフェインを摂ると、少し疲れている時でも集中が上がり、トレーニングの質を保つことができます。そして、カフェインは脳内の神経を刺激するので、いつもよりも力が入りやすく、効率的に筋肉を鍛えることができるんです。

カフェインを摂取すると、普段より高重量・高回数のトレーニングをこなすことができるので、ぜひ筋トレ前にカフェインを摂取してみてください。

クロロゲン酸

カフェインよりも多く含まれているのが、クロロゲン酸。ポリフェノールの一種で、ダイエット効果やアンチエイジング効果、糖尿病の予防になると言われています。

コーヒーの特徴とも言える色や苦味は、このクロロゲン酸がもとに。コーヒー以外には、ゴボウやジャガイモなどの根菜の皮の部分に多く含まれています。

クロロゲン酸は、糖質を分解する酵素を阻害する働きがあり、結果的に糖の吸収を抑え、余分な脂肪の溜め込みをしないようにします。

ニコチン酸

ニコチン酸は、ビタミンB複合体の1つで、ナイアシンとも呼ばれています。ビタミンBは糖質や脂質の分解・代謝を助け、新陳代謝を促進させます。新陳代謝が促進されると、脂肪が燃焼されやすくなり、結果的に「痩せやすい体質」になるんですよ。

コーヒーを摂るベストタイミング&摂取量は?

コーヒー 筋トレ ベストタイミング筋トレの効果を最大限に引き出すためには、コーヒーを飲むタイミングと量が重要です。「どのタイミングが1番効果的?」「どのくらいの量を飲めばいいの?」という質問について、詳しく説明していきます。

筋トレ前に飲んで、トレーニングの質を上げる!

コーヒーは、トレーニング前の30~60分前に飲むと1番効果的です。カフェインは脳に届くまで、最低でも30分かかります。トレーニングの1時間ほど前に飲んでおくと、効果が期待できます。

カフェインを取ってから一定時間(30~60分)経つと、身体が糖ではなく、血中に溶け出した脂肪を使うようにスイッチを入れ替えます。そうすると、脂肪を直接エネルギーとして使うので、体内に脂肪が溜まりにくい状態になるんです。筋肉をつけて、スリムな身体を目指したい方は、トレーニングの前にしっかりとコーヒーを飲んでおきましょう!

コーヒーは1日に、最大でも4~5杯までが適量

コーヒーを飲みすぎると、筋トレの効果が下がってしまうこともあるんですよ。ヨーロッパでは、1日のカフェインの量を400mg未満に抑えることを推奨されています。1杯のコーヒーに含まれているカフェインの量は80mgなので、コーヒーは1日の中で4~5杯が適量です。

それ以上のカフェインを摂取してしまうと、不眠症や神経症、高血圧、不整脈を発症してしまう可能性があるため、コーヒーの飲み過ぎには注意しましょう。

コーヒーの副作用は?

筋トレ 副作用筋トレ中にコーヒーを飲むとメリットだけでなく、デメリットとなることもあります。コーヒーによる副作用を、事前に知っておきましょう。

中毒性

カフェインを過剰摂取してしまうと、薬物ほど深刻ではなくても「精神疾患」と認められるカフェイン中毒に陥ってしまう可能性があります。コーヒーは1日4~5杯の量が基準になっているので、その量を越えないように気をつけましょう。

頭痛

「二日酔いの朝は熱いコーヒーを飲んで、頭をすっきりさせる」という人も多いのではないでしょうか。昔からカフェインは「頭痛」を和らげる薬として使われていました。その理由は、カフェインに脳血管収縮の作用があるからです。

カフェインは治療薬として使われている一方で、普段同じように摂取すると、その効果が反映されて、逆に頭痛を引き起こしてしまうことがあります。もし、頭痛などの症状が出た場合は、コーヒーを飲むのは控えるようにしましょう。

利尿作用

カフェインは交感神経を刺激するので、腎臓の血管が拡張し、血液ろ過量が増えます。その増加量に伴って、尿も増加。緊張した時に、交感神経が働いて、トイレに行きたくなるのと同じメカニズムです。

利尿作用は、体内の老廃物を外に出すというメリットもありますが、トイレの回数が増えてしまうのはデメリットですよね。大事な会議なある時や、寝る前にはコーヒーの摂取は控えましょう。

コーヒー以外に筋トレの効果を上げる3つの飲み物

コーヒー以外にも、筋トレで効果的なドリンクが3つあります。ぜひ試してみてください。

①炭酸水

筋トレ 炭酸水「スポーツマンに炭酸水は良くない」と信じている人も多くいますが、実際には筋肉に悪影響はありません。むしろ炭酸水を飲むことで、トレーニング中の疲労を回復させてくれるメリットがあります。

トレーニングでの主な疲労の原因は、筋肉に乳酸が溜まる事です。炭酸水は、その疲労の原因である乳酸を流してくれます。そうすれば、いつもより早く疲労回復をして、次のトレーニングで高いパフォーマンスを維持できます。

②エナジードリンク

筋トレ エナジードリンクエナジードリンクといえば、「レッドブル」「モンスターエナジー」が有名ですよね。日本のエナジードリンク市場では、この2つの製品が8割を占めています。

エナジードリンクが筋トレに良い効果をもたらす成分は、カフェインとアルギニンです。カフェインは、ここまで説明してきたような様々なメリットがあります。それに加えて、アルギニンは血中の成長ホルモンの分泌を促してくれるので、効率的に筋肥大できる効果があるんですよ。

③BCAAドリンク

筋トレ BCAA最近、筋トレ好きやフィットネス業界で人気が高まっているのが「BCAAドリンク」です。BCAAとは日本語で分岐鎖アミノ酸と呼ばれる「バリン、ロイシン、イソロイシン」の3種類の必須アミノ酸のこと。

これらは筋トレをする時に、タンパク質が筋肉になるのを助ける働きや、筋肉が消耗するのを抑制する働きがあります。早く筋肉を大きくしたい方は、筋トレと同時にBCAAドリンクを飲むと良いでしょう。

BCAAサプリに関しては下の記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

BCAA
BCAAとは?筋トレにBCAAサプリが効果的な理由と副作用を徹底解説!筋トレ好きやフィットネス業界で人気が高まっているBCAAサプリ。 筋肉量を増やしたい人や筋肉量を維持したまま脂肪を落としたい(ダイ...

まとめ

いかがでしたか?コーヒーを飲みながら筋トレをすると、脂肪燃焼効果が高まり、引き締まった身体を作ることができます。

それに加えて、集中力やモチベーションを向上させて、質の高いトレーニングを行えます。疲労感を軽減させてくれる効果も、忙しいビジネスマンやスポーツマンにとってはありがたいことですよね。

筋トレのドリンクにコーヒーを取り入れて、理想の筋肉を手に入れるために頑張ってください!