ヘアケア

若ハゲだと気づかれない髪型No.1はソフトモヒカン!M字ハゲとO字ハゲを上手く隠すスタイリング方法を解説

若ハゲ 髪型

若ハゲを目立たせたくないからと、髪を長く伸ばしていませんか?

実は、若ハゲを隠すには短い髪型がおすすめなんです。「自分の顔に短髪は似合わない」と決めつけず、若ハゲを目立たなくする髪型に挑戦してみましょう。

今回は、若ハゲだと気づかれない髪型やスタイリングを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

また、若ハゲを気にするのは10代や20代の若い方ですよね。「若ハゲが気になって運動もできないし外出するのもイヤだ」という方のために、若ハゲが目立たないおすすめの髪型を紹介していきます。

若ハゲが目立つ髪型に注意!

若ハゲ 目立つ 注意若ハゲを気にしているにも関わらず、M字ハゲやO字ハゲを強調してしまう髪型をしていませんか?

実は、若ハゲを隠そうと長く伸ばした髪型は、隠すどころかハゲを強調してしまっているのです。さらに、不潔感や不自然さを感じてしまうため、女性からも不評・・・

まずは、M字ハゲとO字ハゲそれぞれが強調されてしまう髪型をご紹介しますので、若ハゲでやってはいけない髪型を知りましょう。

長い前髪はM字ハゲを強調する

M字ハゲを隠したいからといって、前髪を伸ばして額を覆い隠していませんか?特に、学生で若ハゲに悩んでいる方に多く見られるのが長く伸ばした前髪です。

長く伸ばした前髪は汗や皮脂でべたつきやすく、束になった前髪からM字部分が透けて見えてしまいます。

前髪が長い分額の広さも強調されてしまい、M字ハゲが目立つばかりでなく、不潔な印象を与えてしまうこともあるので注意が必要です。

M字若ハゲにおすすめの髪型を今すぐ見たい方は「M字若ハゲだと気づかれない4つの髪型」をクリックしてください。

サイドのボリュームはO字ハゲを強調する

頭頂部がハゲてしまうO字ハゲでは、サイドの髪を短くするのが鉄則です。なぜなら、トップの髪は薄毛でボリュームがないのに対して、サイドの髪にボリュームがあると、ボリューム感の差がO字ハゲを強調してしまうからです。

そして、サイドが長くて頭頂部のボリュームが少ない髪型は、かなり不自然なのでおしゃれではありません。

進行度合いの低いO字ハゲであれば、髪型次第でO字ハゲと気づかれない程度にカバーすることができるので、これからご紹介する髪型をぜひ参考にしてください。

O字若ハゲにおすすめの髪型を今すぐ見たい方は「O字若ハゲだと気づかれない3つの髪型」をクリックしてください。

M字若ハゲだと気づかれない4つの髪型

若ハゲの進行度合いにもよりますが、M字若ハゲの場合はM字部分をカバーするおしゃれな髪型が結構あります。

若ハゲに悩む10代・20代の方にも似合う髪型を厳選して4つご紹介します。

①ソフトモヒカン

若ハゲ ソフトモヒカン

M字ハゲをカバーする髪型の一つがソフトモヒカンです。サイドは短く刈り、トップの髪にはある程度の長さを残します。

サイドを短くすることで、M字部分の地肌感を感じさせません。カラーリングやパーマなしでも簡単にスタイリングできるので、学生でも挑戦できる髪型ですね。

さらに、トップの髪を前に流せばM字の切込み部分を隠すこともできるので、M字ハゲにおすすめの髪型第1位といえます。

②ツーブロック

若ハゲ ツーブロツーブロックは髪の長さにグラデーションをつけるソフトモヒカンと異なり、サイドとトップにはっきりとした長さの違いを出す髪型。

サイドを短く刈ることで、M字部分の地肌が目立たなくなりM字ハゲの印象を軽減することができます。また、トップの髪を長く残し前方向に流せば、自然な雰囲気でM字ハゲのカバーが可能になります。

③ベリーショート

若ハゲ ベリーショートM字ハゲが気になると髪を長く伸ばしてしまいがちですが、思い切ってベリーショートにした方が、M字部分を目立たなく自然に隠すことができます。

スタイリング剤で固めてしまえば、運動しても髪型が乱れにくく、風の影響も受けにくいというメリットがあります。

④おしゃれ坊主

若ハゲ おしゃれ坊主おしゃれ坊主とは、サイドからトップまで長さにグラデーションをつけた坊主のことで、丸坊主とは異なります。

どちらかというと、ソフトモヒカンに近いイメージ。おしゃれ坊主の良い所は、スタイリングに時間がかからないことと、髪型が崩れにくいことです。

こちらもトップの髪を長めに残すことで、違和感なくM字部分を隠すことができます。

O字若ハゲだと気づかれない3つの髪型

いわゆる「てっぺんハゲ」のO字ハゲ。実は、O字部分に髪が全くないという方以外は髪型次第で上手くカバーすることができるんです。

①ソフトモヒカン

若ハゲ ソフトモヒカンO字部分の髪が薄いのにソフトモヒカン!?と思う方もいるかもしれませんが、サイドの髪を短くすることで、O字部分の薄毛が目立たなくなります。目の錯覚ですね。

写真のように、トップの髪を中央に向かって立たせることで、薄くなったO字部分にも髪の密度を感じることができます。

また、サイドを刈りこむことでサイドの地肌が透けて見えます。この地肌感がO字部分の地肌と繋がりO字の薄毛を感じなくさせるのです。

②ツーブロック

若ハゲ ツーブロツーブロックもソフトモヒカンと同じ理由で、O字ハゲを目立たなくカバーしてくれます。O字若ハゲにおすすめなのが、黒髪でも優しい雰囲気になるツーブロックです。

ツーブロックは、ハードな印象になりやすいのですが、トップの髪を前方向に流すことでO字部分をカバーしつつソフトな印象になります。

③ベリーショート

若ハゲ ベリーショートM字若ハゲと同様に、O字若ハゲを目立たなくするのは基本短髪です。髪が長くなると、どうしてもサイドにボリュームがでてしまい、O字部分の薄毛が強調されてしまいます。

そればかりか、髪型のバランスが不自然になってしまうので、格好いい髪型ができません。また、長さがある分スタイリングがしにくく、スポーツの動きや風の影響を受けやすくなってしまいます。

ベリーショートは、ツーブロックやソフトモヒカンのハードな雰囲気が苦手な方におすすめです。

M字とO字ハゲの両方を隠すにはソフトモヒカン!

若ハゲ 隠すさて、M字ハゲとO字ハゲそれぞれにおすすめの髪型を紹介しましたが、両者を目立たなくする共通の髪型は以下の3つ。

  • ソフトモヒカン
  • ツーブロック
  • ベリーショート

その中でも特におすすめなのがソフトモヒカン。なぜなら、スタイリングのしやすさ、髪型のキープ力、ハゲ部分のカバー力、全てに優れているからです。

若ハゲに悩む10代や20代は、スポーツやアウトドアなど、髪型が崩れるシーンが日常生活の中でも多い世代ですよね。

「ハゲが見えてないかな?気づかれていないかな?」と常に気にしていては、精神的にも不健康ですし、心から楽しむことができません。

なので、多少似合わなくても、髪型の崩れが気にならないソフトモヒカンがおすすめなのです。

サイドの刈り込みがM字ハゲを誤魔化す

ソフトモヒカンはサイドを刈り上げて、トップに向かうほど髪の長さは長くなります。トップの髪が長いとはいっても、スタイリング剤で立たせることができる程度の長さです。

サイドを短く刈るので地肌が透けて見え、M字部分の地肌との境界線が目立たなくなります。

そして、M字若ハゲの場合はM字の中央部分の髪がしっかりと残っている場合が多いはず。この中央部分の髪で、後退した左右の額を隠すようにスタイリングするのです。

O字周辺の髪は立たせる

ソフトモヒカンにした場合、トップの髪は立たせてスタイリングします。中央に向かって立たせることで、O字部分の薄毛をカバーすることができます。

頭頂部が広い範囲で薄毛になっている場合は、頭のハチから上の髪全てを長く残して薄毛部分をカバーします。

「頭頂部の薄毛が目立たないソフトモヒカンにしてください」と美容師さんに伝えれば、上手くアレンジしてくれるはずです。

ちなみに、10分や15分でカットしてくれる激安の床屋では、細かな注文ができない場合もあるので、一般的な料金で時間をかけてくれる床屋や美容室でのカットをおすすめします。

O字ハゲの進行具合によっては隠しきれないこともある

髪型を工夫して若ハゲを隠せるとは言っても、進行したO字ハゲの場合は隠しきれないこともあります。

たとえば、額から頭頂部が完全につながってしまっている場合、隠す材料となる髪がないので髪型でカバーするのは不可能です。

開き直って坊主やスキンヘッドにするか、ウィッグや植毛でハゲをカバーするようにしましょう。

髪型以外で若ハゲを簡単に隠せる3つのアイテム

若ハゲ 隠す今回ご紹介するアイテムは3つ。そのうちメガネと帽子はおしゃれなファッションアイテムとしても活躍します。

多少の若ハゲであっても、おしゃれに気を配れば女性からの好感度もアップします。若ハゲをカバーする髪型にチェンジしたら、次はファッションアイテムを活用してみましょう。

①増毛スプレー

増毛スプレーとは、黒色のスプレーで自毛に細かな繊維を付着させて、髪の密度をアップさせるものです。

朝のスタイリング時にスプレーして、夜にシャンプーすれば洗い流すことができるので手軽に使うことができます。

比較的水には弱く、雨やプールの水で流れ落ちてしまうことも。ただし、商品によっては、ウォータープルーフタイプの物もあるので購入前にチェックすることをおすすめします。

増毛スプレーは数千円で購入することができるので、気軽に試してみるのもいいでしょう。どの増毛スプレーを選べばいいかわからないという方は、以下で増毛スプレーの選び方やおすすめについてご紹介しているので、参考にしてください。

増毛スプレー
増毛スプレーはばれる?使い方と選び方・口コミ評価の高いおすすめ5選増毛スプレーを使う上で気になるのが「バレないか?」ということ。薄毛を隠したくて増毛スプレーを使っているのに、それがバレてしまうのは余計恥...

②おしゃれメガネでハゲから視線をずらす

メガネをかけた人を見ると、なんとなく「メガネをかけている人」という印象が残りますよね。それだけメガネにはインパクトがあるのです。

また、メガネをかけることで周囲の人の視線は頭よりもメガネに集まります。たとえ視力が良くても、度の入っていないファッションメガネをかけることで知的な雰囲気になり、おしゃれな印象を残すこともできます。

③帽子をかぶる

帽子は蒸れるから若ハゲを悪化させるという説もありますが、紫外線の強い季節や乾燥が気になる季節には、通気性のよい帽子をかぶるのがおすすめです。

ただし、ベースボールキャップやニットキャップなど頭にフィットする帽子は、意外とコーディネートが難しいですよね。

そこでおすすめなのが、ハンチングや中折れハット、キャスケットなどです。これらは、帽子を脱いでも髪がペタンコになりません。帽子をかぶると髪型が乱れて人前で帽子を脱げない、という悩みも解消されます。

ハンチングやキャスケット、中折れハットはコーディネートが難しそうですが、シンプルなファッションに合わせれば一気におしゃれな感じになることができます。

さて、ここまで若ハゲに似合うファッションアイテムをご紹介してきましたが、もっと知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

ハゲはポロシャツでワンランク上がる
ハゲでもおしゃれになれる!ファッションアイテム10個と着こなし術ハゲているからといって、おしゃれすることを諦めていませんか?髪が薄くても素敵でおしゃれな男性は沢山います。 そこで、薄毛(ハゲ)の...

本格的な若ハゲ対策

髪型だけでは若ハゲをカバーしきれないという場合は、発毛剤や専門クリニックでの治療という選択肢もあります。若ハゲ対策をいくつかご紹介しますので、ぜひ取り組んでみてください。

育毛シャンプー

髪を守り育てるのは「頭皮」です。ドラッグストアやアマゾンで売られているシャンプーや、母親が買ってきたシャンプーをなんとなく使っていませんか?

若ハゲが気になる方におすすめなのは、頭皮環境を整えてくれる育毛シャンプーです。育毛シャンプーは地肌に優しく、頭皮に本来必要な潤いを残してくれるので、髪が育ちやすい環境を整えてくれます。

薄毛対策の中で、育毛シャンプーは決して高いものではないので、若ハゲが気になり出したら使ってみるといいでしょう。

育毛シャンプー おすすめ ランキング
【厳選3選】2019年メンズ用おすすめ育毛シャンプー!抜け毛や薄毛に効果のあるシャンプーを徹底比較「最近抜け毛が気になる」「生え際が後退し始めた」という悩みはありませんか? 髪を増やしたり抜け毛を予防するために育毛シャンプーを使...

育毛剤・発毛剤

薄毛対策の定番とも言える育毛剤。AGAクリニックに行くのはちょっと・・・という人でも、市販で手軽に買えるのが嬉しいですよね。

厳密には、育毛剤に髪を生やす効果はありませんが、頭皮環境を整えて、髪が健やかに育つ土壌を作ってくれます。

また、髪自体を生やしたいという方におすすめなのが発毛剤。発毛剤は医薬品で髪を生やす効果が認められています。

育毛剤と発毛剤の違いを知りたいという方は、以下で詳しく解説しているのでご覧ください。

育毛剤
育毛剤&発毛剤おすすめランキング2019!薄毛の男性に本当に効く育毛剤&発毛剤を徹底比較「年々髪の毛が薄くなってきた」「育毛剤や発毛剤の効果を実感できない」などの悩みはありませんか? 髪の毛を増やすために育毛剤や発毛剤...

増毛

増毛とは、今生えている自分の髪の毛に人工毛を取り付ける方法です。生えている髪はヘアサイクルにより抜ける、伸びるなどの変化があるため、定期的に専門クリニックでメンテナンスしてもらう必要があります。

メンテナンスの間隔は通常1ヶ月~2ヶ月。床屋や美容室に通う感覚で増毛のメンテナンスに通うことになります。

ただし、増毛するには人工毛を取り付けるための髪が、ある程度生えているのが必須条件です。なので、O字部分やM字部分に自分の髪が全く生えていない、という場合には増毛ができないこともあります。

増毛 費用
増毛の費用・料金はいくら?サロン別の施術費、維持費、持続期間を徹底比較増毛に興味があっても、施術費や維持費など費用面で不安を抱えていませんか? 増毛には多種多様なプランがあり、料金システムもサロンによ...

植毛

植毛を簡単に説明すると、自分の健康な髪を採集し若ハゲ部分に移植することです。移植した髪が無事に定着すれば、通常通りに髪は成長します。

植毛は、麻酔をかけて行う植毛手術で、植毛が上手く定着しないケースや傷口の治りが悪いケースが稀にあるのも事実です。

信頼関係を築ける専門クリニックや医師選びが重要なポイントになってきます。

専門クリニックで薬を処方してもらう

AGAの治療で発毛促進や抜け毛抑制のために、プロペシアやミノキシジルなどの内服薬が使われます。

これらを若ハゲの初期段階で服用し始めれば、効果が出やすいとされます。ですが、これらの内服薬は20歳未満の未成年では服用することができず、処方してもらうことはできません。

まとめ:若ハゲにおすすめの髪型はソフトモヒカン

若ハゲに一番おすすめの髪型はソフトモヒカン。M字ハゲO字ハゲのどちらも自然にカバーすることができます。

若ハゲの初期段階であれば、ほとんど気づかれないことも。ただし、若ハゲの進行度合いによっては、カバーしきれないこともありますが、隠せないと思っていたハゲが隠せるケースも。

髪を切ってしまってから「こんなはずじゃなかった・・」とならないためにも、髪のプロである理容師さんや美容師さんに若ハゲを隠したい、もしくはできるだけ目立たない髪型にしたい、とハッキリ伝えましょう。

そして、髪型ではカバーできないほど進行した若ハゲには、増毛や植毛、そして薬の服用という選択肢も。

治療開始時期が早いほど効果を期待できるのがAGA。本格的に治したいという方には専門クリニックの受診がおすすめです。