シャンプー

シャンプーに使用期限はないが未開封なら3年が目安!開封後はニオイや形状に異常があれば腐っている可能性も

シャンプー 使用期限

セールでまとめ買いしたシャンプー、使用期限が書いていないので古くても使って大丈夫か心配になりますよね。一般的なシャンプーには使用期限が記載されていないのですが、基本的に未開封であれば3年が品質保持の目安となります

とはいっても、製造年月日も記載されていないし、いつ買ったのかも覚えていない・・・。そんなときには、シャンプーが変質していないかをチェックしてみましょう!

今回は、シャンプーに使用期限がない理由をはじめ、開封したシャンプーをいつまで使うことができるのか解説していきます。

シャンプーに使用期限がないのはなぜ?

シャンプー期限

「棚の奥から出てきたシャンプー、使用期限が書いてないけどまだ使えるかな?」こんな経験ありませんか?

使用期限が記載されていれば判断基準となるのに、なぜシャンプーには記載されていないのでしょうか。

それは、シャンプーが化粧品に分類されていて、使用期限を表示しなくてもよいからなのです。

そもそも化粧品に使用期限はない

シャンプーに限らず、一般的な化粧品には使用期限が記載されていません。なぜなら、厚生省から使用期限の表示を義務付けられているのは、以下に該当する化粧品だけだからです。

製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品

東京都健康安全研究センター

ということは、製造から3年経過しても品質が変化しないものには使用期限を記載する必要がないのです。

防腐剤無添加の場合は使用期限が記載されている場合も

一般的なシャンプーには防腐剤が配合されていますが、防腐剤が配合されていないシャンプーもあります。

例えば、無添加シャンプーやオーガニックシャンプー。これらのシャンプーは防腐剤が使われていないので、使い方や保存方法によっては腐りやすくなってしまうことも。

そのため、ロクシタンやジョンマスターなどのオーガニックシャンプーでは、開封後の使用期限目安となる「6M」、「12M」などの表示があります。6Mの表示は、開封後6ヶ月で使い切るのが理想となり、12Mの表示では、開封後12ヶ月で使い切るのが理想となります。

また、少数ながらも「〇年〇月」と使用期限が記載されているシャンプーもあります。オーガニックシャンプーや無添加シャンプーを使用している方は、使用期限が記載されているか一度チェックしてみましょう。

開封したシャンプーはいつまで使える?

シャンプー 使用期限

シャンプーに使用期限が記載されないのは、「最低でも3年間の品質が保証されているから」ということは解説してきた通りです。

では、開封後はどれくらいの期間で使い切るとよいのでしょうか?毎日シャンプーする方であれば、大抵は1ヶ月〜数ヶ月で使い切るので、使用期限を気にすることはあまりないでしょう。

ただし、「その日の気分でシャンプーを使いわけている」という人もいるのではないでしょうか。新製品を見つけると、試してみたくなることもありますよね。

そんな時に悩むのが、「中途半端に残っていたシャンプー、まだ使えるの?」ということ。残っているシャンプーがセーフなのかアウトなのか、その判断基準を説明します!

目安は開封から半年〜1年

開封後のシャンプーは半年から1年で使い切るのが理想です。これは、シャンプーの種類に関係なく、シャンプー全般に共通して言えることです。

ですが、シャンプー容器自体に製造年月日月日などは表示されていませんし、開封したのがいつだったか分からなくなってしまいますよね。

品質が劣化する前にシャンプーを使い切りたい!という方は、シャンプー容器に油性ペンで開封した日付を書いておくのがおすすめです。

保存状態によっては品質変化することもある

シャンプーの容器に注意書きとして記載されているのが、「高温多湿や直射日光を避けて保管してください。」ということ。

逆をいえば、高温多湿で日光がガンガン照る場所に保管するとシャンプーが変質しやすいといえます。

大抵の方は、シャンプーを浴室に置きっぱなしにしていると思いますが、使用後のシャンプーは換気が良く温度変化が少ない場所で保管するのが理想です。

使用時にニオイや形状の変化があれば使わない

古くなったシャンプーが使えるか使えないかは、ニオイや形状で判断するしかありません。シャンプーが水っぽい、分離している、ドロッとしたクリーム状、匂いや色が変わっている、という変化があれば使うのを止めましょう。

特に、開封して長時間放置していたシャンプーであれば、雑菌が繫殖して腐っている可能性もあります。変質したシャンプーを使うと頭皮に炎症や痒みが出てしまうことも。

もったいないとは思いますが、頭皮や髪の健康のためにも腐ったシャンプーは捨てましょう。

シャンプーが変質する原因3つ

普通の使い方をしていればシャンプーが変質することは滅多にありませんが、シャンプーが変質する3つの原因を説明します。

意外な盲点となるのが、浴室への直射日光とシャンプー詰め替え時の雑菌です。言われてみれば・・・と心当たりのある方は注意してくださいね。

①シャンプーに雑菌が繫殖した

シャンプーは水気の多い場所で使うので、どうしても雑菌が繫殖しやすくなってしまいます。通常のシャンプーには防腐剤が入っているので、シャンプー容器に記載されている方法で使用保管すれば、まず腐ることはありません。

注意が必要なのは、防腐剤無添加シャンプーやオーガニックシャンプー、開封後時間が経過してしまっているシャンプーです。

とはいっても、防腐剤無添加シャンプーやオーガニックシャンプーにも天然由来の防腐剤は配合されているので、容器に記載されている注意書きを守れば、雑菌が繫殖してシャンプーが腐るということはほぼありません。

逆に、防腐剤が入っている一般的なシャンプーでも、開封後何年も経過している場合は雑菌が繫殖して匂いや形状に異常が出てしまう場合があります。

②保存方法が不適切

たとえば、直射日光が当たる浴室や夏場はサウナのように気温が上がってしまう浴室は、シャンプーの保存場所に適しているとは言えません。異常な高温や激しい気温差はシャンプーが変質する大きな原因となってしまいます。

また、湿気が多くカビが生えている浴室もシャンプーの保存場所には不適切です。浴室のカビがシャンプー容器からシャンプー剤に入り、シャンプーの変質を早めてしまいます。

③シャンプー詰め替え時に容器を洗浄・乾燥していない

シャンプーは詰め替え用を買って使っている方も多いでしょう。ただし、間違った詰め替え方法は雑菌が繫殖する原因となってしまいます。

特に、洗ったシャンプー容器を乾燥させずに新たなシャンプーを補充してしまうと、容器に残った水分に雑菌が繫殖して、腐る原因となってしまいます。

変質したシャンプーを使うとどうなる?

シャンプー 使用期限

変質したシャンプーを使っても、異常を感じない方もいますが、頭皮や髪に異常を感じる場合もあります。

シャンプーは頭皮や髪を清潔に健康に保つための化粧品です。リスクを冒してまで、変質したシャンプーを使うことは止めましょう。

変質したシャンプーを使うことで考えられるリスクを以下で紹介していきます。

頭皮にかゆみや炎症がおきることがある

変質したシャンプーを使うと、頭皮にかゆみや湿疹、赤みなどの症状が出てしまうことがあります。また、かゆみや乾燥によるフケが出ることも。

頭皮の炎症やフケは、なかなか治りにくいので、皮膚科を受診する事態になってしまうこともあります。

品質の劣化により使い心地が悪い

シャンプーが変質していると、泡立ちが悪かったり変な匂いがする場合も。本来ならば良い香りと豊かな泡でリラックスできるはずのシャンプータイムが、ストレスとなってしまいます。

また、洗い上がりの髪がパサつく・キシむなど、髪にトラブルを感じることもあります。「シャンプーを切らしてしまって、変質したシャンプーしか家にない!」という場合でも、変質したシャンプーは使わない方が身のためでしょう。

変質したシャンプーを使うくらいなら、シャンプーを使わない湯シャンの方がおすすめです。

シャンプーの正しい保存方法

シャンプー 保存

シャンプーの変質を遅らせるための正しい保存方法を3つ紹介します。ポイントは、雑菌が繫殖しにくい環境をつくることです!

①高温多湿を避ける

激しい気温差や過剰な湿気は、シャンプーの変質を早めてしまいます。換気扇がついていて、直射日光が当たらない浴室であれば、シャンプーを置きっぱなしにしていても問題はありません。

ただし、買い置きした未開封のシャンプーなど、しばらく使う予定がないのであれば、湿気や温度変化の少ない棚などに保管しておきましょう。

②シャンプーの詰め替えは容器を洗浄・乾燥させてから

シャンプーボトルを洗い、完全に乾かしてからシャンプーを詰め替えるのが正しい詰め替え方法です。とはいえ、「面倒だから洗っていないし、乾燥させていない」「お風呂に入ってから切れているのに気づき、お風呂の中で詰め替えている」という方も多いでしょう。

シャンプーボトルを洗わずに詰め替えてしまうと、容器の底に古いシャンプーが残ってしまい変質の原因に。さらに、容器を水洗いしたけど、水気が残っているという場合には雑菌が繫殖して腐りやすくなってしまいます。

容器がなかなか乾かないのをストレスに感じる方は、詰め替え容器を2つ用意してみてはいかがでしょうか?

乾いた状態の容器があれば、すぐに新しいシャンプーを詰め替えることができます。もしくは、詰め替える必要がない容器入りのシャンプーを買うという選択肢もあります。

③サンプル品はもらったらすぐ使う

サンプル品は、すぐに使うことを前提として作られているものです。「旅行や出張の時に持っていこう」と思っていても、サンプル品の存在自体を忘れてしまうことも。

なので、もらった時点で使う気にならないサンプル品のシャンプーは、破棄してしまうか、必要としている人に譲ってしまいましょう。

変質したシャンプーの処分方法

変質したシャンプーや、使わなくなったシャンプーを排水溝へ流していませんか?環境にも良くないですし、排水溝が詰まる恐れも!

変質したシャンプーは正しく処分しましょう。

シャンプー剤だけを袋に入れて燃えるゴミへ

変質したシャンプー液は、容器から出して袋へ入れて燃えるゴミへ。容器は水で洗い流してからプラスチックゴミへ出しましょう。

排水溝へ流すと詰まりの原因となることも

シャンプーはクリーム状の液体ですが、一度にまとまった量を排水溝へ流すと詰まる恐れがあります。

「洗髪後のシャンプーは排水溝に流れるのだから、未使用シャンプーだって流していいんじゃない?」と考える方もいるかもしれませんが、通常一度に使うシャンプーは5ml程度。これを泡立ててから流すのですから、排水溝が詰まる心配はありません。

ですが、破棄する量が多い場合は、やはり排水溝に詰まる可能性があります。普段排水溝の掃除をしていない場合はなおさらです。変質したシャンプーは袋に入れて燃えるゴミで捨てましょう。

まとめ:シャンプーの使用期限目安は3年!開封後は正しく保管して早めに使い切ろう

シャンプーには使用期限が記載されていないのですが、安心して使えるのは未開封なら3年、開封後は半年から1年が目安となります。

保管方法によっては、未開封であってもシャンプーが変質する場合も。変質したシャンプーを使うとかゆみや湿疹などの頭皮トラブルが出ることもあるので注意が必要です。

また、防腐剤無添加シャンプーやオーガニックシャンプーでは、使用期限が記載されている場合もあるので、ラベルをチェックしてみましょう!