お酒

コーヒーは二日酔いの頭痛を解消できる?秘訣はコーヒーの飲み方にあった!

二日酔い コーヒー

二日酔いの辛い症状を経験されたことは誰でもあることでしょう。

なるべくならなりたくない二日酔いですが、分かっていてもついつい飲み過ぎてしまうことってありますよね。

そんなとき、身近なもので二日酔い対策ができれば良いと思いませんか?

その便利なお助けアイテムが、なんと「コーヒー」なんです!なぜコーヒーが二日酔いに効くのか、その理由や飲み方について詳しくご紹介します。

カフェインの作用により“頭痛”をやわらげる!

コーヒー 二日酔いの頭痛を和らげる注目して頂きたいのは、コーヒーに含まれている「カフェイン」です。なんとカフェインには、二日酔いによる頭痛をやわらげる効果があるんですよ。

そのため二日酔いの翌朝、頭がズキズキ痛むようなら、是非1杯のコーヒーを試してみてください。

二日酔いの原因物質アセトアルデヒドは血管拡張作用がある

そもそも、二日酔いになるとなぜ頭が痛くなるのでしょうか。

その主な原因は、アルコールが体内で代謝される際に生じる「アセトアルデヒド」という有害物質にありました。

体内に摂取されたアルコールは肝臓で分解され、通常は尿などになって体外へ出てくのですが、アルコールの量が体内で処理できる範囲を超えてしまうと、分解途中の有害なアセトアルデヒドが血液に入り込み、全身を循環することに。

アセトアルデヒドが血管を広げるため、拡張した血管が周りの神経を圧迫してしまい、これが頭痛の原因になります。

カフェインの利尿作用と血管収縮作用により頭痛を緩和!

アセトアルデヒドによる頭痛は、この有害物質を体内から追い出し、脳の血液循環を良くすることで解消することができます。

そこで役に立つのがコーヒーに含まれているカフェイン。カフェインには利尿作用があるため、アセトアルデヒドを体外へ追い出してくれます。さらに血管を収縮する働きもあるため、アセトアルデヒドによって拡張した血管を収縮して、脳の血液循環を良くすることができるのです。

頭痛を解消するために必要な役割が、カフェインに全て詰まっているということですね。

利尿作用があるため、症状悪化の恐れも

コーヒーにはすごい力が秘められていることが分かって頂けたかと思います。ですが、残念ながら少々デメリットも。

カフェインの利尿作用は、アセトアルデヒドを体外に追い出すという点ではプラスに働くのですが、アルコールにも利尿作用があるため、アルコールとカフェイン双方の利尿作用によって脱水症状を促進する恐れも。

飲み過ぎなど、コーヒーの飲み方によっては二日酔いを悪化させてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

二日酔い解消のためのコーヒーの飲み方

二日酔い コーヒーの飲み方飲み方によっては二日酔い悪化の危険性があるコーヒーですが、気をつけて飲めば二日酔いに効果抜群の頼れるドリンクです。

うまく活用できるよう、正しい飲み方について理解しておきましょう。

少量で十分!1杯程度までに

早く二日酔いを解消したいからと、何杯もコーヒーを飲むのはNGです。

飲み過ぎた翌日はアルコールの影響で胃腸がとても弱っているため、現段階では吐き気などの症状が現れていなくても、コーヒーの飲み過ぎによって嘔吐や下痢を引き起こす可能性は十分にあります。

飲み過ぎは二日酔いの悪化を招くため、コーヒーの摂取量としては1日1杯~2杯程度にとどめておきましょう。

血管収縮作用は少量でも十分効果的

飲む量が少ないと効果も少ないのでは?と感じた方もいることだと思います。

ですが、1杯のコーヒーには意外とたくさんカフェインが含まれているため、少量の摂取でも十分な効果が期待できます。

反対に飲み過ぎにはデメリットしかないので、くれぐれも飲み過ぎないよう注意してください。

ミルクや砂糖を加えて刺激をやわらげるのもおすすめ

コーヒーの飲み方として一番おすすめなのが、ミルクや砂糖を加えて飲むことです。

コーヒーには胃液を分泌させる働きがあるため、弱った胃にはブラックコーヒーだと刺激が強く、胃に余計な負担をかけてしまう可能性も。

砂糖とミルクを入れて飲むことにより、刺激がやわらぐだけでなく、砂糖にはアルコールの分解を行っている肝臓の機能を高める効果もあります。

ブラックコーヒーしか飲まないという方もいるかもしれませんが、ミルクや砂糖を入れてコーヒーを飲むことをおすすめします。

二日酔い対策でコーヒーの飲み過ぎはNG!

コーヒーへの理解が深まったところで、その特徴についてしっかりおさらいしておきましょう。

まず絶対に守らなければいけないのが、コーヒーを飲む量です。飲み方を間違えれば薬が毒になるように、二日酔い対策として飲むコーヒーも、飲み過ぎると症状悪化の原因に。

なぜ、飲みすぎは良くないのか詳しく見ていきましょう。

コーヒーは刺激物なので胃に負担がかかる

二日酔いに効くということで、身体に優しいものだと思ってしまいがちですが、コーヒーは刺激の強い飲み物だということを忘れないように。

二日酔いには胃腸が弱っているという症状もあるため、なるべく胃に負担がかからないよう、ミルクや砂糖を入れて飲むようにしましょう。

ただし、カフェインには胃酸を分泌させる働きがあるため、頭痛だけでなく吐き気もある場合は、症状を悪化させる可能性も。吐き気がある方はコーヒーを飲むのは止めておいた方が良いです。

利尿作用により脱水症状を促進することも

二日酔いになってしまう原因の一つには、アルコールの飲みすぎによる脱水症状があります。

アルコール類に利尿作用があることと、おつまみに塩分過多なものが多いことから、飲み過ぎた翌朝の身体は脱水症状になっていることが多いんです。

そこに同じく利尿作用があるカフェインを摂取すると、さらに脱水症状が促進されてしまうことは目に見えていますよね。

ですがカフェインの利尿作用は、頭痛の原因であるアセトアルデヒドという毒素を、早く体外から排出するというとても重要な役割を担っています。その他、肝臓の機能を活性化させる効果もあるため、やはり二日酔いの身体には必要なものなんです。

そのため脱水症状対策として、お水を一緒に飲むようにするなど、コーヒーと他の飲み物を組み合わせるといった工夫が効果的です。

カフェインにはメリットがたくさんあるので、デメリットを補う工夫をしながらうまく取り入れてみてくださいね。

コーヒー以外にも!二日酔いに効く飲み物

コーヒーが二日酔いに効果的だということは、しっかり伝わったかと思います。ですが、コーヒー以外にも二日酔いに効く飲み物がまだあるんですよ!

ここからは、二日酔いによく効くコーヒー以外の代表的な飲み物として、「スポーツドリンク」と「しじみの味噌汁」をご紹介します。

スポーツドリンク

二日酔い スポーツドリンクスーパーやコンビニなどでよく見かけるスポーツドリンクも、二日酔いに効果があります。

アルコールを飲むと脱水症状になるということを、ここまで何度もお伝えしてきましたが、実は失われるのは水分だけではありません。ビタミンやミネラルといった、身体にとって必要な成分も失われてしまうんです。

そのため、二日酔いを解消するためには、水分だけでなく失われた成分の補給もしなければいけません。

スポーツドリンクは、水分だけでなく塩分やミネラルなどを手軽に摂取できるように作られているため、アルコールの摂取によって失われた水分や成分を補給するのにうってつけというわけです。

吸収が良く、塩分や糖分が人の体液に近い状態に作られているため、アルコールで弱った胃に優しいのも嬉しいポイントです。

水分+ナトリウムなどのミネラル補給ができる

二日酔いの身体は、様々な栄養素が足りていない状態です。特にナトリウムなどのミネラルが不足すると、疲労感や頭痛、吐き気などが引き起こされ、二日酔いの直接の原因に。

スポーツドリンクは、アルコールの摂取によって失われたナトリウムなどのミネラルを補ってくれるので、まさに二日酔いの身体にぴったり!

さらに、身体に吸収されやすい果糖が含まれているため、アルコール分解のためにフル稼働している肝臓の低血糖症対策にもなります。

脱水症状の解消につながる

二日酔いの翌朝の身体は、とにかく水分を欲している状態です。まずはしっかりと水分補給をしましょう。

スポーツドリンクは水分補給ができるのはもちろんですが、身体に必要な栄養素を自分で考えなくてもOK。必要なものが全てペットボトル1本に詰まっているので、ただ飲むだけで手軽に二日酔い対策ができてしまうとても便利なアイテムです。

水分補給をするなら、真水よりも、身体に必要な様々な栄養素が含まれているスポーツドリンクをおすすめします。

しじみの味噌汁

二日酔い しじみ味噌汁おいしく二日酔い対策ができるのが、しじみのお味噌汁です。しじみに含まれるオルニチンという成分には、肝臓のアルコール分解を手助けしてくれる効果があるため、二日酔いの回復を早めてくれるんです。

作るのが面倒だという方は、インスタントのものが便利ですよ。

お味噌汁だけでも水分+ミネラル補給で脱水症状の解消に

しじみが二日酔いに効くなら、お味噌汁じゃなくてもいいんじゃない?・・と思われた方がいるかもしれませんが、お味噌汁自体も二日酔いの身体に適しているんです。

お味噌汁は、水分補給ができることに加えて、良質なたんぱく質やビタミンを一気に摂取することができる、とても効率的な飲み物なんです。さらに消化が良いため、アルコールで弱っている胃にも優しく、食欲がない時でもしっかりと栄養を摂ることができます。

しじみとお味噌汁はまさに最強の組み合わせというわけです。

亜鉛が豊富なしじみの効果でアルコールの分解を促進

オルニチン以外にも、しじみには二日酔いに効果がある成分がたくさん詰まっています。その代表的なものの一つが亜鉛です。

亜鉛は身体にとって必須ミネラルなんですよ。様々な酵素の働きを活性化させる役割を担っていて、肝臓でアルコールを分解している酵素も、亜鉛によって活性化されているんです。

亜鉛がないとアルコールを分解する酵素も働いてくれないため、二日酔いを解消するためにも、アルコールによって体外に排出されてしまった亜鉛を補わなければいけません。

牡蠣やゴマなど、亜鉛が多い食品は他にもありますが、胃に優しく水分補給もできるしじみの味噌汁がやはり一番取り入れやすいのではないでしょうか。

二日酔いで弱った身体に染みわたること間違いなしです!

まとめ:二日酔いにコーヒーを飲もう。ただし飲みすぎには注意。

今回は、コーヒーを中心に二日酔いに効果的な飲み物をご紹介しました。

アルコールは飲み過ぎないのが一番ですが、つい飲み過ぎてしまったときも、身近にある飲み物で二日酔い対策ができることを知っておくと安心ですよね。

ただし、くれぐれもコーヒーは飲み過ぎないよう注意してください。心配しなくても少量でしっかり効果があるので、たくさん飲む必要はありません。

飲み方さえしっかり守れば、二日酔いの辛い症状を解消する強い味方になってくれますよ。

参考リンク:

下記の記事では、二日酔いの対処法をまとめています。食事以外の方法で二日酔いを直したいという方は見てみてください。

飲みすぎ注意!二日酔いの予防&対策法
すぐできる二日酔い対処法!おすすめの食べ物・飲み物や食事以外の方法まで徹底解説男性の皆さんは、会社の飲み会や接待などお酒を飲む機会は多くありますよね。中には、ほとんど毎日飲み会なんて方もいるのでは。 ついつい...