お酒

効果バツグン!トマトジュースの3つの効果で二日酔いに対処!

二日酔い トマトジュース

飲み過ぎた後の二日酔いって、辛いですよね。なるべく早く症状を改善したいというのは誰しも思うこと。

その悩みを身近な飲み物で解決できるとしたら、嬉しくありませんか?実は、そんな魔法のようなドリンクがあるんです。

二日酔いの解消に効果がある魔法のようなドリンクというのが、なんと「トマトジュース」。

なぜ二日酔いの辛い症状に効果があるのか、トマトジュースに秘められた力について紹介します。

トマトジュースは二日酔い解消に効くの?

二日酔い トマトジュース効くの?
アルコールを飲むと、利尿作用により身体の水分が失われ、脱水状態になります。さらに水分だけでなく、身体に必要な様々な成分も一緒に失われることに。そのため二日酔いを解消するには、失われた水分と成分を補給しなければいけません。

そこで活躍するのがトマトジュースです。トマトジュースに含まれる、リコピン・クエン酸・GABAという3つの成分が大活躍。二日酔いに効果があると言われているんです。

それでは、詳しく見ていきましょう。

①リコピン

トマトにリコピンが含まれていることは、割と有名ですよね。トマトの赤い部分に含まれている成分です。しかし、リコピンという成分の働きについてまでは、ご存知ない方も多いのでは?

リコピンという成分には、高い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは身体の酸化を止める作用のこと。簡単に言うとダメージを受けた身体の修復を助けてくれる役割を担っています。

胃の粘膜を荒らしたり、痛み増強物質を生産したりと、二日酔いを引き起こす大きな原因となっているアセトアルデヒド。リコピンの抗酸化作用で、悪さをするアセトアルデヒドの働きを抑制してくれるというわけです。

身体にとって有害な物質ですから、アセトアルデヒド対策として、リコピンのデトックス効果を是非活用したいですね。

ジュースに限らず、そのまま食べても効果有です!

②クエン酸

クエン酸は、酸っぱさを感じる酸味の成分。二日酔いに限らず、食中毒予防や熱中症予防、痛風の改善などに効果があり、私たちの健康維持のために欠かせない成分です。

トマトに含まれているクエン酸には、アルコールで荒れた胃を保護し、その働きを良くする効果があります。エネルギー不足になった身体にパワーも与えてくれるので、二日酔いの身体を回復させるのにうってつけ。

トマト以外にも、梅干しやレモン、柑橘系の果物などに含まれているので、是非意識して摂取してみてください。

③GABA

GABAは、ガンマアミノ酪酸という脳内の神経伝達物質のこと。精神を安定させる役割を担っています。チョコレート菓子も売っているので馴染みがある人もいるかもしれませんね。様々な優れた効能を持っていて、特定保健用食品にも認可されている、注目の成分です。

GABAはアルコールで弱った肝臓を元気にしてくれます。肝臓の働きを活発にし、アルコールの代謝を促進させるため、二日酔いに効果があるのです。

ところが、必要以上にアルコールを摂取してしまうと肝臓の解毒作用が追い付かずに、肝臓に負担をかけてしまうことに。さらに分解しきれなかったアルコールは、アセトアルデヒドとなり体内に残り、体調不良を引き起こします。

そのため、早く二日酔いから復帰するためには、肝臓を元気にしてくれる成分が必要不可欠なんです。

トマトジュースは、二日酔いを緩和する成分が詰まっている

二日酔いの辛い症状と言えば、頭痛や吐き気、だるさや食欲不振ですよね。これらの不快な症状は、脱水症状とアセトアルデヒドという物質によって引き起こされているんです。

代表的な成分のリコピンがアセトアルデヒドを抑え、GABAは肝臓を元気にし、アセトアルデヒドの代謝を促進。さらに、弱った胃をクエン酸が保護してくれます。

トマトジュースは、さらに上記以外にも利尿作用の高いカリウムや、解毒作用があるグルタチオンなど、二日酔いの解消に効果の高い成分がたくさん含まれている優れた飲み物です。

このように、トマトジュースにはこうした働きをする成分がふんだんに詰まっているため、効果的だというわけです。

トマトジュースは飲酒後でも飲酒前でも効果あり

トマトジュース 飲酒前にも効果あり
二日酔いに効果的なドリンクであるトマトジュース。実は、二日酔いになった後だけでなく、二日酔いになる前に飲むのも効果的なんです。

二日酔いの朝に

二日酔いの朝はアルコールで胃が弱っているため、なかなかごはんを食べる気になれない方が多いことだと思います。

ですが、身体は水分と栄養が不足している状態なため、真水だけでは回復が見込めません。

そんな時、すぐに飲めるようトマトジュースを常備しておくと便利ですよ。疲れた身体にしっかりと水分と必要な栄養が行き渡り、飲むだけなので身体に負担もかかりません。

いつも家に置いておけば、いざという時も安心ですね。

お酒を飲む前にトマトジュースを飲んでおくのもおすすめ

実はトマトジュースは、二日酔いによる辛い症状を解消するだけでなく、二日酔いを予防する効果も抜群なんです!

トマトジュースには、アルコールの代謝を早める成分が含まれています。代謝がスムーズに行われることで、体内に残る有毒成分も排出されていくため、二日酔いの症状を引き起こす原因物質も身体に残りにくいというわけです。

あらかじめトマトジュースを飲んでおくことで、お酒の量自体も減らすことができるのでおすすめですよ。

トマトジュース以外にも!二日酔いに効く飲み物

トマトは好き嫌いが分かれる野菜の一つです。無理をしてトマトジュースを飲むと気持ち悪くなってしまう恐れがあるので、くれぐれも無理は禁物です。

二日酔いに効果がある飲み物はトマトジュースだけではないので、トマトが苦手な方は他の飲み物を試してみてください。

スポーツドリンク

二日酔い スポーツドリンクスポーツドリンクもトマトジュースと同様に、水分に加えて身体に必要な成分も取り入れることができる、とても優秀な飲み物です。

トマトジュースよりも好き嫌いが分かれにくく飲みやすいので、常備しておくと重宝しそうですね。

水分+ナトリウムなどのミネラル補給ができる

アルコールを摂取すると、水分と共に様々な成分が失われてしまいます。スポーツドリンクには肝臓の働きを助けてくれる「ミネラル」をはじめ、疲労回復に必要な「糖」、エネルギーの生産に関わっている「ビタミン」など、身体に必要な成分がバランス良く配合されていて、手軽に補給することができます。

さらに、胃に負担がかかりにくいように作られているので、まさに二日酔いの身体にぴったりだと言えるでしょう。

脱水症状の解消につながる

二日酔いの朝の身体は水分が失われてカラカラ状態です。起きたらまずはしっかりと水分補給をしましょう。

脱水症状は二日酔いの辛い症状を引き起こしている原因の一つなので、脱水症状を解消することが二日酔いの改善に繋がります。

できれば水分だけでなく、失われた必要成分の補給も一緒にできることが望ましいですね。手軽に水分と成分の補給ができる便利なアイテムであるスポーツドリンクを活用してみてください。

しじみの味噌汁

二日酔い しじみ味噌汁二日酔いの朝は、温かいものを飲んでほっこりしたいという方もいらっしゃるかもしれません。そんなときにはしじみのお味噌汁がおすすめです。

しじみとお味噌汁の両方に二日酔い解消の効果があるので、最強の組み合わせなんですよ。

お味噌汁だけでも水分+ミネラル補給で脱水症状の解消に

発酵食品であるお味噌には、肝臓の働きを助けてくれるミネラルやビタミンが含まれています。さらに汁物ということで、脱水症状を助ける水分と塩分の補給も一緒にできてしまう優れもの!

肝臓を元気にする栄養素と十分な水分を、胃に負担をかけずに補うことができるのが、お味噌汁なんです。

食材との組み合わせによって、さらに栄養価を高くすることができるので、体調に合わせて組み合わせる具材を変えてみるのも良いでしょう。

亜鉛が豊富なしじみの効果でアルコールの分解を促進

二日酔いの解消に最も効果が期待できるお味噌汁の具材は、「しじみ」です。しじみには、肝臓の働きを助ける成分がたくさん詰まっているためです。

肝臓の回復に必要な成分の一つが「亜鉛」。亜鉛にはアルコールを分解する酵素の機能を高める効果があり、二日酔いに効果があります。他にも、免疫力を高めてくれたり、ガンや老化の進行を遅らせてくれたりと、わたしたちが健康でいるためには欠かすことのできない必須栄養素です。

ですが、体内に蓄えておくことができないため、食品から毎日摂取する必要があります。亜鉛などのミネラルは熱を加えてもその効能が失われることはないので、しじみのお味噌汁でおいしく手軽に亜鉛を摂取してくださいね。

コーヒー

二日酔い コーヒー二日酔いによる頭痛をやわらげたい方におすすめなのが、コーヒーです。

二日酔いにコーヒーというと意外に思われるかもしれませんが、コーヒーに含まれているカフェインには、頭痛をやわらげる効果があるんですよ。

また、弱った胃にとってコーヒーは刺激が強い飲み物なので、砂糖やミルクを入れて飲むと良いですよ。糖には肝臓の疲労回復効果もあるのでおすすめです。

血管収縮作用により頭痛をやわらげる

辛い頭痛を引き起こす原因となっているのは、肝臓が分解しきれなかったアセトアルデヒドです。アセトアルデヒドが血管を拡張させ、周りの神経を圧迫することによって頭痛が引き起こされます。

二日酔いによる頭痛は、血管が拡張し、神経が刺激されることによって起こっています。コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮する作用があり、二日酔いの頭痛を楽にしてくれるのです。

利尿作用でアセトアルデヒドを排泄

カフェインには血管収縮作用以外に利尿作用もあるため、トイレに何度か行くうちに体内のアセトアルデヒドを追い出してくれます。

ただし、注意点が一つ。それはくれぐれも飲み過ぎないことです。

そもそも二日酔いの体内は脱水状態になっています。コーヒーを飲みすぎると、利尿作用によって脱水状態を悪化させてしまう恐れも。1~2杯を限度に飲むようにしましょう。

まとめ:二日酔いの予防にも緩和にも野菜ジュースが優秀!

今回はトマトジュースをはじめとした、二日酔い対策に効果的な飲み物をご紹介しました。

身近なもので二日酔い対策ができるのは嬉しいですよね。

二日酔いに効くだけでなく、アンチエイジング効果も得られるものばかりなので、普段から飲む習慣をつけてみてもいいかもしれませんね。

参考リンク:

下記の記事で二日酔いの対処法をまとめています。トマトジュースを飲んだけど二日酔いが良くならないという方は、こちらの内容も参考にしてみてください。

飲みすぎ注意!二日酔いの予防&対策法
すぐできる二日酔い対処法!おすすめの食べ物・飲み物や食事以外の方法まで徹底解説男性の皆さんは、会社の飲み会や接待などお酒を飲む機会は多くありますよね。中には、ほとんど毎日飲み会なんて方もいるのでは。 ついつい...