ボディケア

髭脱毛の4つのメリットと5つのデメリット。後悔しないために一番重要なクリニックの選び方を解説

髭脱毛 メリット デメリット 髭脱毛のメリット4つとデメリット5つ・後悔しないために一番重要なのはクリニックの選び方!

髭脱毛に興味があっても、費用や脱毛効果のことを考えると躊躇してしまいますよね。髭脱毛はかなり痛い、という噂もチラホラ・・・。

そんな迷える大人男子のために、髭脱毛のメリットとデメリットについて説明します。髭脱毛をおすすめする側でも、批判する側でもない客観的な立場で説明するので、ぜひ参考にしてください。

そして、最後の項では髭脱毛クリニックの選び方について解説します。髭脱毛の成功はクリニック選びにかかっていると言っても過言ではありません。

髭脱毛の4つのメリット

実際に髭脱毛をするとどのようなメリットがあるのでしょうか?時間とお金をかけて、痛みにも耐えた先に、どのようなメリットがあるのかを紹介します。

髭脱毛のメリット①青髭から解放され清潔感アップ

髭が濃いと、どんなに深剃りしても青髭状態になってしまいます。これは、皮膚表面に出ている髭を剃っても、皮膚の中には髭が残っているからです。

青髭は脱毛することでしか解消できません。もしくは、いっそのこと髭を伸ばしてしまうかです。髭を伸ばしたとしても、頬や首などの髭は剃らないといけないですよね。お手入れしないで伸びるままに髭を伸ばしては、清潔感とはほど遠い見た目になってしまいます。

髭脱毛では、毛根から髭がなくなるので青髭がなくなるだけでなく、毛穴も目立たないので清潔感がアップすることは間違いありません。

髭脱毛のメリット②髭剃りの手間がなくなる

髭脱毛をすれば、毎朝髭を剃る手間がなくなります。脱毛が完了するまでは、伸びてきた髭だけを剃る必要はあるのですが、脱毛前に比べると格段に楽になります。

毎朝の髭剃りに5分程度かかっている男性も多いでしょう。たった5分と思うかもしれませんが、年間で考えれば1,825分(5分×365日)、つまり年間で約30時間も髭剃りしていることになります。髭脱毛をすることで、年間30時間もの時間が手に入るのです!

髭脱毛のメリット③肌トラブルがなくなりツルツルになる

毎朝深剃りする必要がないので、髭剃りによる肌トラブルがなくなります。シェービング剤やアフターシェーブ、カミソリやシェーバーを厳選しているのに、どうしても肌荒れを起こしてヒリヒリ赤い、という方にとってその悩みが解消されるとなれば、髭脱毛を検討する価値はありますよね。

髭脱毛のメリット④カミソリや電気シェーバーのお金がかからなくなる

カミソリに限らず、電気シェーバーでも2~3年経つとバッテリーの持ちが悪くなり、駆動音が大きくなるなどの異変を感じることも。それ以前に、替刃交換の必要もあります。

それに合わせてシェービング剤やアフターシェーブなどの消耗品・・・。意外と髭剃りアイテムにはお金がかかるのです。髭脱毛してしまえば、それらのお金はほぼかからなくなります。

髭脱毛の5つのデメリット

髭脱毛のメリットを先に紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。デメリットに関しては、個人差も大きいのですが、考えられる髭脱毛のデメリットを5つ紹介します。

髭脱毛のデメリット①脱毛費用がかかる

当たり前のことですが、髭脱毛するには費用がかかります。ただし、支払方法が「一括払いのみ」ということはありません。

自分の予算内で髭脱毛のコースを選び、医療ローンやクレジットカードの分割払いで支払う方が大半です。まとまった額の現金が必要なわけではありませんので、お金が髭脱毛をしない理由にはなりにくいです。

髭脱毛のデメリット②脱毛施術が痛い

髭脱毛で最も気になるのが痛さ加減。医療レーザーにしても、「超痛い」という方と「あまり痛さを感じない」という方がいます。

痛みに関しては個人差が大きいので、痛い・痛くないと断定することができません。ただし、医療レーザーの場合は痛みを感じさせない麻酔が用意されていますので、痛みが怖いという方は医療レーザー脱毛がおすすめです。

髭脱毛のデメリット③人によっては一時的に肌に炎症が起こる

脱毛方法に関わらず、髭脱毛は一時的に肌への負担となります。医療脱毛レーザーはパワーが強いので、軽いやけどのような症状や毛包炎が起こる場合も。ただし、症状に応じたケアや薬の処方をしてもらうことができます。

医療脱毛レーザーに比べてパワーが弱いエステでの脱毛でも同じように、軽いやけどや毛嚢炎を起こすこともあります。エステは医療機関ではないので、薬の処方などの医療的なケアをしてもらうことはできません。

髭脱毛のデメリット④一定期間脱毛に通う必要がある

髭脱毛では、どの方法をとっても1回や2回で完了することはありません。それは、髭が成長する周期があるからです。

また、髭の濃さや髭の太さ、脱毛する部位によって脱毛効果が異なります。大体の目安は、エステでの脱毛なら2年以上、医療レーザー脱毛なら1年以上、ニードル脱毛なら半年以上となります。

ただし、完全にツルツルの肌を目指すのではなく、髭を薄くする・部分的に脱毛するだけならば、上記の期間よりも早い段階で効果を実感することができます。

髭脱毛のデメリット⑤脱毛後に髭を生やしたくなることも

こればかりは、どうにもなりませんが髭脱毛で顔がツルツルになると、「何か物足りない」と感じてしまうことも。

また、髭脱毛してからできた彼女に「髭のある人が好き」と言われた場合も困ってしまいますね。もっと深刻なのは、ビジネスで外国の方と取引する機会がある方です。日本人男性は、ただでさえ幼く見られてしまうので、「髭さえあれば・・・。」と思う時がもしかしたらあるかもしれませんね。

髭脱毛でよくある後悔をまとめたので、参考にしてください。

髭脱毛 後悔
髭脱毛でよくある後悔11選!ヒゲ脱毛をする前に確認しよう髭脱毛で、煩わしい毎日の髭剃りから解放され、肌もきれいになり、メリットいっぱい!・・・と思いきや、中には髭脱毛を後悔している人もいるよう...

髭脱毛で失敗するとどうなる?


髭脱毛で失敗するとは、そもそもどういった事態のことをいうのでしょうか。髭や肌に関すること以外にも、費用面での失敗もあるのです。詳しく見ていきましょう。

痛すぎて脱毛途中で挫折する

痛みに敏感な方の中には、脱毛方法に関わらず痛みに耐えきれず脱毛が完了する前に挫折してしまうケースも。

痛みの感じ方には個人差があるので、これに関しては何とも言えないのですが、比較的髭が細く薄い人よりも濃く太い髭の人の方が痛みを強く感じます。

クリニックでの脱毛では、鼻から吸う笑気ガス麻酔・脱毛部位に塗る麻酔クリーム・脱毛部位に注射する局部麻酔注射の3つの麻酔方法があり、麻酔の使用は脱毛料金と別のオプション料金となっているクリニックが多いので事前に確認しておきましょう。

ただし、局部麻酔注射は、脱毛部位数か所に注射を打つ必要があり、髭脱毛ではあまり使われることがありません。

ちなみに、エステは医療機関ではないので、麻酔を使うことができません。

予算オーバーする

契約した施術回数では思うように髭脱毛が進まず、追加施術が必要になって結果として予算オーバーしてしまった、というケースもあります。

この失敗を防ぐには、契約前のカウンセリングで自分の希望をしっかりと伝えて必要な施術回数を把握することが重要です。

髭が濃い人・薄い人では・理想とする仕上がり、などによって施術回数や完了までの期間は異なります。

「ギリギリこの回数で大丈夫だろう。」よりは、「余裕を持ってこの回数にしよう」の方が追加料金を払って割高になってしまう事態を避けてしまうことができます。

また、追加料金がほとんどかからないクリニックやエステも増えています。例えば、ゴリラクリニックは7回目以降1回100円で施術が受けられるので、心おきなく髭脱毛をできます。ゴリラクリニックの髭脱毛について詳しく知りたい方は、銀座院で実際に体験してきたレビュー記事をご覧ください。

ゴリラクリニック 銀座院 ヒゲ脱毛 体験談
ゴリラクリニックの髭脱毛は口コミ評判通り?銀座院でヒゲ脱毛を体験してみた!「髭脱毛をしたいならゴリラクリニックがいいよ!」 「ヒゲ脱毛のセット価格なら終わった後も100円で継続できるよ!」 これらのよう...

継続的な肌トラブル

もともと肌が弱くトラブルを起こしがちな人や、化膿しやすい体質の人は、髭脱毛している期間も肌トラブルを起こす場合があります。

肌トラブルに関しては、その都度クリニック側に相談すれば薬の処方や、対処法を教えてくれますし、契約時にも肌トラブルを起こさないように日常の肌ケア方法を教えてくれるはずです。

脱毛部分の赤みや腫れが気になる場合は、マスクで隠してやり過ごす方法もあります。ただし、我慢できないレベルの肌トラブルが表れてしまった時には、髭脱毛を断念しなければならないでしょう。

部分的に髭が残っている

脱毛方法に関わらず、部分的に髭が残ってしまうことも。本来ならば、脱毛できているはずの部位に髭が残ってしまっていれば、それは「打ち漏れ」です。

「打ち漏れ」とは、施術後2~3週間経っても部分的に髭が残っている状態。他の部位の髭はきれいに抜け落ちているのに、その部分だけ髭が残っていて明らかに見た目が変です。

打ち漏れに気付いた時点で、サロンやクリニックに連絡しましょう。そして、念のため髭部分の写真を撮っておくのがおすすめです。

脱毛施術は人の手によって行われるので、技術不足やミスにより打ち漏れが出てしまう可能性は否定できません。重要なのは、その後の対応や説明ですよね。

失敗と勘違いされやすい髭脱毛のトラブル


初めての髭脱毛、何が失敗で何が正常かの判断が難しいですよね。ここでは、髭脱毛の施術後に「失敗?」と思ってしまう症状について説明します。

これに関しても、事前にエステやクリニックで説明があるはずですが、事前に確認しておきましょう。

一時的に髭が濃くなる

髭脱毛をすると、一時的に髭が濃くなる「どろぼうひげ」という状態が起きます。どろぼうひげは、脱毛後に毛根から毛が抜けているにもかかわらず、肌表面には出てきてない部分があるため、青髭のように見えてしまうのです。

施術から1週間くらい経過すると、少しずつ髭が抜け落ちてきます。施術の回数を重ねることで、これが繰り返されて大体5回目が終わる頃には、「だいぶ髭が減ったな」と実感できるようになります。

髭脱毛の後にできる「どろぼうひげ」とは?期間・対策・隠し方を紹介
髭脱毛の後にできる「どろぼうひげ」とは?期間・対策・隠し方を紹介漫画や絵本などに出てくる泥棒って、口の周りをぐるっと囲むような髭が印象的に描かれていることが多いですよね。 髭脱毛を行うと、よくこ...

毛嚢炎や火傷の肌トラブル

どのような脱毛方法でも多少なりとも肌に負担がかかってしまいます。主な肌トラブルはやけど・毛嚢炎です。

医療レーザー脱毛、光・フラッシュ脱毛どちらの方法でも軽いやけどのようになることがあります。大抵は施術後にしっかりと冷却すれば、翌日には収まります。

もし症状が収まらない、ひどくなる時にはクリニックやサロンに連絡して対処してもらう必要があります。

クリニックであれば、薬を処方してもらうことができますし、エステではやけどの治療費を負担してもらえる場合もあります。

毛嚢炎とは、毛穴に髭が埋もれてしまい起こる炎症です。見た目には白ニキビと似ていますが、ニキビとは異なります。

施術後に毛嚢炎が1つできた程度であれば、1週間かからずに治るので様子をみて大丈夫です。ただ、毛嚢炎の数が多く化膿が酷い、痛い場合にはクリニックやエステに連絡を取り対処してもらいましょう。

髭脱毛の方法ごとのメリット・デメリット


髭脱毛の主流となっている3つの方法を紹介します。エステと医療クリニックでは髭脱毛の方法が違うので、この辺はしっかりと理解するのが大切です。

①脱毛効果が高いのは「医療レーザー脱毛」

「医療レーザー脱毛」は医師がいる医療クリニックでしか施術することができません。エステで主流となる光脱毛やフラッシュ脱毛よりも、パワーが強い分脱毛効果が高いという特徴があります。

パワーが強い分、傷みを強く感じる場合があり、やけどや肌トラブルを起こす可能性もあるのですが、そういったトラブルに対処するためにも医師の管理のもとで施術が行われるのです。

また、脱毛時の痛みが強い場合には麻酔を使用することができるのも医療クリニックの特徴です。

医療レーザー脱毛をした場合でも、大抵の方は脱毛が終了するまでに1年から1年半かかります。

②安いのは「フラッシュ・光脱毛」

医療脱毛レーザーに比べて、痛みが少ないのがエステなどで行われるフラッシュ・光脱毛です。これらは医療脱毛レーザーよりもパワーが弱いので、脱毛が完了するまでの期間が長くなります。

そもそも、医師が管理しないエステでは医療行為の永久脱毛自体することができません。なので、エステでの脱毛は「一時的な脱毛・髭を少なくする脱毛」と考える必要があります。

また、エステでの脱毛は1回あたりの価格が安くなっています。ただし、効果が弱い分回数を多くしなければ納得の脱毛効果を得られないことも。

そうなると、1回の価格は安くても何回も施術を受けなくてはならず、トータルで見ると医療脱毛レーザーよりも高くなってしまう場合があります。

「まずは髭脱毛を体験してみたい、脱毛の痛さの程度を知りたい」などの髭脱毛体験としてエステを利用する、という方法もあります。

③脱毛効果は高いが痛い「ニードル脱毛」

ニードル脱毛とは、一つ一つ毛穴に針を刺し電流を流す方法です。脱毛方法の中では断トツで痛いのですが、毛根を破壊するので脱毛効果も断トツといえます。

ただ、毛穴の一つ一つに針を刺すので、手間と時間、費用がかかります。医療レーザーやフラッシュ・光脱毛では脱毛できない白髪髭の脱毛や、日焼けした肌、髭の形を整えるための部分脱毛でニードル脱毛を選択する人もいます。

ニードル脱毛では、かなりの痛みを伴うために麻酔薬を使うという選択肢もあります。

ニードル脱毛は医療行為なので、クリニックなどの医療機関でしか行うことができません。まれにエステでもニードル脱毛のような脱毛方法をうたっていることがありますが、エステでは、麻酔を使うこともできませんし、事前の血液検査を実施することもできないのが現実です。

髭脱毛で後悔しないためにクリニック選びが重要


髭脱毛で後悔しないために重要なのは、クリニックやエステの選び方です。無料カウンセリングを行っている施設も多数あるので、髭脱毛に興味がある方は利用してみるといいですね。

「無料カウンセリングに行くと、強引な勧誘があるんじゃないの?」といった心配もありますよね。

とりあえず、無料カウンセリングで契約はしない、と心に決めて行くのがおすすめです。というのも、クリニックやエステで話を聞いているとテンションが上がって冷静な判断ができないことも。

なので、いったん帰宅してから金額面や脱毛回数などを検討するようにしましょう。

永久脱毛できるのは医療レーザーとニードル

永久脱毛したい方は、エステやサロンではなく医療クリニックを選びます。永久脱毛は医療行為なので、医療クリニックでしか施術することができません。

永久脱毛の方法には、医療レーザー脱毛とニードル脱毛があり、ニードル脱毛の方がより脱毛効果が高くなっています。

医師が常駐するクリニックである

髭脱毛に関する心配の一つである肌トラブルですが、医師が常駐しているクリニックであれば、素早く対応してもらうことができます。

エステでは、脱毛器のパワーが弱いのでやけどのトラブルは少ないのですが、トラブル時に素早い対応を希望するのであれば、クリニックの方がおすすめです。

「打ち漏れ保証」があるか確認する

「失敗するとどうなる?」の項でも説明したように、施術ミスにより部分的に髭が残ってしまうのが「打ち漏れ」です。

クリニックの中には、「打ち漏れ補償」を設定している場合があります。施術者によるミスで打ち漏れが発生した場合には無料で、その部分に脱毛施術をするというものです。

こういった保障制度の有無を事前に確認しておくと安心ですね。

髭が濃い人は「無制限コース」を選ぶ

髭が濃い方では、5回・6回の脱毛コースでは納得のいく脱毛効果が得られないことも。そうなると、追加料金を払って施術してもらうことになり予算オーバーといった事態に。

なので、髭が濃いことを自覚している方は無制限コースがあるクリニックを選ぶのがおすすめです。

無制限コースとはいっても、無期限で無制限を設定しているクリニックは少なく、大抵は5~6回のコース終了後3年間は1回100円などの条件付き無制限となっています。

クリニックが通いやすい距離にある

クリニックが通いやすい距離にある
意外と見落としがちなポイントがこれです。脱毛クリニック、エステが通いやすい場所にあるか、ということです。

髭脱毛が完了するまでは定期的にクリニックやエステに通うので、あまりにも遠すぎる場所だと通うのが大変になってしまい、途中で挫折する大きな原因となってしまいます。

また、肌トラブルが起きてしまった場合でもすぐに行ける距離にクリニックがあれば安心ですね。

無料カウンセリングがあり対応が丁寧

無料カウンセリングがあるのは、必須ですがさらに、その対応が親切丁寧か、ということも重要です。

自分の看板ともいえる顔を預けて施術してもらうのですから、細かな心配事があって当然です。そういった質問に面倒くさがらずに答えてくれるか、こちらの不安を払拭するように努力してくれるか。

逆をいえば、こちらの質問には適当に答えて、とにかく契約させようとするクリニックやエステは避けた方がよいでしょう。

土日祝日の予約が取りやすい

希望の日時に予約を取りやすいかどうかは、意外と重要です。脱毛クリニックの中には、平日の昼間以外だとオプション料金がかかる場合も。

また、人気エステやクリニックでは土日祝日の予約が取りにくいこともあり、それがストレスに感じてしまうことも。

自分が希望する曜日や時間帯の予約状況はどうなっているのか、無料カウンセリングの時に必ず確認するようにしましょう。

髭脱毛 おすすめ ランキング
髭脱毛おすすめランキング2019!効果があるクリニック・サロンを徹底比較「ヒゲが濃いのがコンプレックス」「毎日の髭剃りが面倒なのでひげを薄くしたい」という悩みはありませんか? ヒゲを薄くするために医療脱...

まとめ:髭脱毛のデメリットは解消できる!

髭脱毛に興味があるけど本当に大丈夫なの?という不安はなかなか解消することができませんよね。「痛そう・高そう・本当に脱毛できるの?」こういった不安は、無料カウンセリングで解消するのが一番です。

やはり、実際の現場で確認しないと分からないことも多いからです。そして、失敗しないためには信頼できるクリニックやエステを見つけることが重要だからです。

無料カウンセリングを受けても、不安が解消されない時には、「もう少し髭と付き合ってみよう」となる場合も。それもまたそれでいいのではないでしょうか。