ボディケア

脱毛で「硬毛化」しても適切なレーザー照射で脱毛できる!?硬毛化の仕組みと対策を解説

硬毛化

脱毛をしたら、以前よりも太い毛が生えてきた・・・。脱毛に関わる悩みの一つが硬毛化。実は、硬毛化しても適切な処置で他のムダ毛と同様に脱毛することができます。

また、硬毛化しにくい脱毛方法として、ニードル脱毛や最新脱毛器メディオスター NeXT PROなどがありますので、硬毛化のリスクを考えて脱毛を諦める・・・、という事態は避けることができますよ。

今回は、脱毛をすると硬毛化する理由をはじめ、硬毛化しやすい部位や硬毛化しないための対策についてご紹介していきます。

ちなみに、髭の硬毛化にもきちんと対応してくれるクリニック・サロンを選びたいという方は、下記記事を参考に選んでみてください。

髭脱毛 おすすめ ランキング
髭脱毛おすすめランキング2019!効果があるクリニック・サロンを徹底比較「ヒゲが濃いのがコンプレックス」「毎日の髭剃りが面倒なのでひげを薄くしたい」という悩みはありませんか? ヒゲを薄くするために医療脱...

そもそも硬毛化とは?

そもそも硬毛化とは?硬毛化とは読んで字のごとく、脱毛後に以前よりも硬くて太い毛が生えてくること。

特に、背中・二の腕・うなじなど毛が細い部分に、レーザーやフラッシュを照射することで硬毛化することが多いです。また、髭などの毛深い部分でも脱毛後に硬毛化することがあります。

脱毛施術をしていない方の中にも、「背中に1本太い毛が生えている」ということがありますよね。ホクロから太くて硬い毛が生えていたり・・・。硬毛化とは、そのような感じの毛が脱毛後に生えてくることを言います。

硬毛化は脱毛により毛が太く濃くなる

レーザーや光・フラッシュ脱毛で施術した後に太くて硬い毛が生えてくる場合があります。それまで生えていた毛に比べると、明らかに太く、真っ黒で硬いので、腕や背中などに生えてくると、とても目立ってしまいます。

毛を細くして目立たなくするはずの脱毛施術。何が原因でこんな状態の毛が生えてしまうのでしょうか?

原因は照射による毛根部分の活発化

実は硬毛化の原因ははっきりと解明されていません。考えられる可能性として一般的になっているのが、レーザーや光・フラッシュを照射することで、毛乳頭や毛母細胞などの毛根組織が活発化してしまうのではないか、ということ。

中でも有力な説は、脱毛器の照射パワーが弱く毛乳頭や毛母細胞を十分に破壊できていないことが、硬毛化を引き起こす一因とされています。

硬毛化は誰にでも起こりえることなのですが、硬毛化が起こる人の割合は1割程度(正確な統計データではなく、一般的に考えられている割合です)。10人に1人なので、硬毛化が起こる確率はそんなに高くはないですね。

産毛や細い毛が硬毛化しやすい

硬毛化が起こりやすいのは、産毛を脱毛する場合。背中や二の腕などは、他の部位に比べて毛が細い上に、硬毛化すると目立ってしまう部位です。

髭は硬毛化しにくい

男性の髭やワキ毛など、元から太くて硬い毛は硬毛化しにくいのが特徴です。ただし、脱毛施術を受けて髭が薄くなってきているのに、部分的に太くて硬い毛が生えてきた場合には、硬毛化したとも考えられます。

実は硬毛化の原因や治療法は解明されていない

先にも説明したように、硬毛化の原因ははっきりと解明されていません。なので、確かな治療法というのも解明されてはいないのが事実。

ですが、レーザー脱毛では毛の黒い色に反応して脱毛効果を得ることができるので、硬毛化した毛も、レーザーで脱毛することが可能です。むしろ、真っ黒で太い毛はレーザーの熱を十分に毛根部分に伝えることができるので、脱毛効果も高くなります。

硬毛化しやすい部位

硬毛化しやすい部位硬毛化しやすいのは、細い産毛が生えている部分です。次にあげる部位を脱毛する予定の方は、硬毛化について知っておくと安心ですね。

背中や二の腕など毛が細い部位

脱毛による硬毛化を起こしやすいのは、以下の部位です。クリニックやエステでの脱毛に限らず、家庭用脱毛器を使用した場合でも硬毛化する可能性があります。

  1. 二の腕
  2. 背中
  3. お腹
  4. うなじ

確かに、これらの部位はすね毛や腕毛などと比べても、毛が細いですよね。また、二の腕やうなじは、自分で確認しにくい場所なのに、硬毛化すると目立つ部位でもあります。「異常に太い毛が生えているよ」と人に指摘されて初めて気付く場合も。

ムダ毛に関して他人から指摘されるの結構恥ずかしいので、二の腕やうなじなどの硬毛化しやすい部位を脱毛する場合には、時々自分で硬毛化チェックをするのがおすすめです。

髭以外の顔の産毛

髭はもともと太くて硬いので、硬毛化の心配はさほどないのですが、顔の産毛を脱毛する際には硬毛化することがあるので注意しましょう。

目の下から頬にかけて、もしくはオデコの産毛が気になるから髭と同時に顔の産毛も脱毛するという方は、硬毛化した毛が生えてくる可能性があることも覚えておきましょう。

硬毛化したらどうする?

硬毛化したらどうする?レーザーや光・フラッシュ脱毛では、硬毛化する可能性があることを説明してきましたが、硬毛化した毛が生えてきた時には、どのように対処すればよいのでしょうか?

硬毛化した毛を見つけてから慌てないためにも、対処法を把握しておくと安心ですよ。

適切な脱毛施術を受ける

医療レーザーに比べて、光・フラッシュ脱毛の方が、硬毛化を起こしやすいと言われています。その理由は、エステなどで行われる光・フラッシュ脱毛の方が、医療レーザーよりもパワーが弱いからです。

ただし、医療レーザーでも硬毛化することはあるので、一概には言えないのが現実。どちらにしても、肌や毛の状態に合わせた適切なパワーで照射することが重要です。

これは、脱毛施術を受けるクリニックやエステの施術者に任せるしかありません。硬毛化する原因がはっきりと解明されていないので、確実に防ぐことは難しいのですが、確かな経験と技術を持つクリニックやエステを選ぶことが重要です。

脱毛器や波長を変えてみる

もし、硬毛化してしまったときには、そのことを脱毛施術を受けているクリニックやエステに相談するのが第一です。

対処法はいくつかありますが、たいていは脱毛器の出力を変える・脱毛器の種類を変えるという方法になります。硬毛化して太く黒い毛は確実にレーザーなどに反応するので、他の毛と同じように照射して脱毛しようというのが一般的です。

また、硬毛化した部分には再照射せずに、放置しておく場合もあります。放置しておけば1年程で自然に抜け落ちるという考えです。

放置すれば、数年後には抜け落ちる

硬毛化した毛を放置すると、大抵は1年くらいで抜けるといわれていますが、人によっては数年かかってしまう場合も。

硬毛化しやすいのは、産毛が生えている部分なので、太い毛が1本または数本生えたままだと気になってしまいますよね。

だからといって、硬毛化した毛を抜いてしまってはいけません。無理に毛抜きで抜いてしまうと、毛周期の乱れにより以降の脱毛効果が得られなくなってしまう場合があります。

どうしても人目が気になる場合はハサミで短くカットする、もしくはカミソリで剃るようにしましょう。

硬毛化保障制度があるクリニックやエステを選ぶ

レーザーや光・フラッシュ脱毛を受ける人なら、誰でも起こりえる可能性がある硬毛化。硬毛化したから、照射を追加したら別料金・・・。となったら不満が残ってしまいますよね。

そうならないためにも、「硬毛化保障制度」のあるクリニックを選ぶのがおすすめです。

硬毛化保証制度もあるおすすめの脱毛クリニック&サロンについては、下記の記事をご覧ください。

メンズ脱毛
メンズ脱毛のおすすめランキング2019|安く早く効果を実感できる人気のメンズ脱毛クリニック&サロンCMや電車のつり革広告でメンズ脱毛を見かけることも増えてきましよね。以前までは「脱毛=女性のもの」でしたが、近年では男性の美意識も高まっ...

硬毛化しない2つの脱毛方法

硬毛化しない2つの方法「脱毛したいけれど、硬毛化するのは絶対に避けたい」という方におすすめなのが、ニードル脱毛と、蓄熱式脱毛器のメディオスターNeXT PROです。

これら2つの脱毛方法は、毛根周囲を刺激して活性化させる心配がないので、硬毛化が起きにくいです。

まずは、簡単にこれらの脱毛方法について説明していきます。

電気で脱毛するニードル脱毛

レーザーや光・フラッシュ脱毛とは異なり、電流を流して毛根部分を破壊するのがニードル脱毛です。毛穴の一つ一つに針を入れて電気を流すので、痛みが強く時間やお金がかかるというデメリットがあります。

その反面、永久脱毛の効果は断トツに高く、日焼けした肌や白髪髭でも脱毛することができるという特徴があります。

細かくデザインしての脱毛が可能なので、髭の部分脱毛でニードル脱毛を選ぶという選択肢もあります。

バルジ領域に作用するメディオスター NeXT PRO

メディオスター NeXT PROとは、医療レーザー機器の最新機種の一つです。蓄熱式のレーザー機器で、低出力の照射を繰り返すことで、毛の成長に関わるバルジ領域を破壊します。

医療レーザーなのに、痛みが少ないことでも人気の機種です。ただ、従来のレーザー機器を使用した場合よりも、若干費用が高くなっています。

メディオスターNeXT PROを使った脱毛を割安な価格で受けたいという方には、ゴリラクリニックがおすすめ。脱毛サロンとほぼ同じ価格で医療脱毛を受けることができます。

ゴリラクリニックの雰囲気を知りたいという方は、メンズラボ編集部で突撃取材をした下記記事を参考にどうぞ。

ゴリラクリニック 銀座院 ヒゲ脱毛 体験談
ゴリラクリニックの髭脱毛は口コミ評判通り?銀座院でヒゲ脱毛を体験してみた!「髭脱毛をしたいならゴリラクリニックがいいよ!」 「ヒゲ脱毛のセット価格なら終わった後も100円で継続できるよ!」 これらのよう...

ニードル脱毛とは

硬毛化 ニードル脱毛硬毛化しない脱毛方法の1つであるニードル脱毛について、詳しく説明していきます。

毛穴の一つ一つに針を入れ電気を流す

ニードル脱毛の特徴は、なんといっても毛穴の一つ一つにアプローチすること。脱毛したい部位の毛穴に針(ニードル)を入れて電気を流すのです。

ニードルを通じて毛根部分に到達した電気は、毛根を完全に破壊するので、その後毛が生えてくることはありません。

永久脱毛の効果が最も高い

電気により毛根部分が完全に破壊されるため、その後にムダ毛が生えてくることはありません。もちろん硬毛化する可能性もありません。

なぜなら、毛を作り出す元となるものが無くなるからです。医療レーザーの場合、脱毛施術後に細い毛が数本生えてくることがあるのですが、ニードル脱毛の場合はその心配は無用です。

このため、「完壁に脱毛したい」と思う方がニードル脱毛を選ぶケースが多いといえます。ちなみに、ニードル脱毛はアメリカで永久脱毛として認められている脱毛方法です。

時間とお金がかかる

毛穴1つ1つにアプローチするため、もちろん時間がかかります。また、レーザーなどに比べても、施術の技術が必要になってきますし、手間もかかります。

その他の脱毛方法に比べて価格設定が高くなっていますし、麻酔を使用する場合はさらにお金がかかってしまいます。

脱毛法の中で最高に痛い

「毛穴に針を入れて電気を流す」、聞いただけでも痛くなってしまいそうな脱毛方法ですよね。永久脱毛を目指してニードル脱毛に挑戦したのに、痛みに耐えきれず途中で挫折してしまった・・・。というケースも中にはあります。

価格・痛さの面を考えると、ニードル脱毛は広範囲の脱毛にではなく、部分脱毛におすすめの脱毛方法といえます。

レーザーや光・フラッシュ脱毛で硬毛化した部分や、白髪髭の脱毛、髭のデザインを維持するための脱毛方法として、ニードル脱毛を選ぶのがいいかもしれませんね。

以下は髭脱毛に関する記事ですが、脱毛方法ごとの痛みを比較しています。脱毛方法を検討する際の参考にしてください。

髭脱毛 痛い
ヒゲ脱毛は痛い?痛みの原因や緩和方法、麻酔の有無について解説!ヒゲ脱毛をしようと考えているけど、「ヒゲ脱毛は痛い!」という噂を聞いて悩んでいませんか? ヒゲ脱毛をすればカミソリ負けで肌荒れをす...

メディオスター NeXT PROとは

硬毛化メディオスター Next Pro痛みが少なく、敏感肌や日焼け肌でも施術できるのがメディオスター NeXT PRO。硬毛化を起こしにくい脱毛機器としても注目を集めています。

バルジ領域に作用する蓄熱式脱毛レーザー

従来のレーザー機器は、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えて脱毛効果を得ていたのですが、メディオスター NeXT PROは、バルジ領域という毛の成長に関わる部分にダメージを与えることで脱毛させます。

簡単に言うと、毛が成長しなくなるので、新たに毛が生えてこなくなるのです。

ちなみに、バルジ領域は髪の毛の一部ではなく、毛根部分を包んでいる毛包に付随しているもので、皮脂腺の下に位置しています。

従来のレーザーよりも痛くない

メディオスター NeXT PROの特徴の一つが、従来のレーザーよりも痛みが弱いということ。従来のレーザーは、単発式(ショット式)なので照射した時にゴムで弾くようなバチンとした痛みを感じます。

一方で蓄熱式(SHR式)のメディオスター NeXT PROは、照射パワーが弱く低温なので痛みを全く感じないという人もいます。

単発式のレーザーは今生えている毛に対してアプローチするので、照射後は1週間ほどで毛が抜けますが、蓄熱式のメディオスター NeXT PROは毛を育たなくして脱毛するので、毛が抜けるまでに1ヶ月ほどかかる場合もあります。

やけどなどの肌トラブルが起こりにくい

メディオスター NeXT PROは弱いパワーで繰り返し照射します。さらに照射と同時にクールダウン機能が働くので、やけどなどの肌トラブルを起こしにくいという特徴もあります。

単発式のレーザーの温度が80°~90°なのに比べて、蓄熱式は60°~65°。かなりの温度差があるのがおわかりいただけると思います。

そのため、敏感肌ですぐに肌が赤くなってしまう、という方にもおすすめです。

日焼けした肌でも施術できる

メディオスター NeXT PROは、黒い色素に反応させて脱毛効果を得るわけではないので、通常のレーザー脱毛では施術できない日焼けした肌にも照射することが可能です。

日焼けだけではなく、ホクロやシミがあっても大丈夫です。

硬毛化しにくい・産毛にも効果的

硬毛化の原因と考えられているのが、レーザー照射により毛根組織が活発化するということ。メディオスター NeXT PROの場合は、毛根部分に作用せずバルジ領域に作用するので、硬毛化する可能性はかなり軽減されます。

また、色素が薄く通常のレーザーでは硬毛化しやすいとされる産毛にも確実に脱毛効果を発揮します。

その理由は、色素の影響を受けないから。黒い色素を持つムダ毛を導火線にして毛根組織にダメージを与える脱毛方法ではないからなのです。

白髪髭でも脱毛できる

メディオスター NeXT PROは、色素を持つムダ毛を導火線とする必要がないので、色素のない白髪髭でも脱毛することができます。

従来は、ニードル脱毛でしか脱毛できないとされていた白髪髭が、痛みの少ない施術方法でも脱毛可能となれば、白髪髭に悩む男性の選択肢が増えますね。

まとめ:硬毛化を恐れずに脱毛しよう!

レーザーや光・フラッシュ脱毛の施術後に、太くて硬い毛が生えてくる硬毛化。特に産毛や細い毛は硬毛化しやすいと言われています。

ただ、硬毛化しても適切な照射で他の毛と同様に脱毛できるので、慌てる必要はありませんが、一番避けたい事態は、硬毛化したのに再照射に追加費用がかかることですね。

硬毛化保障制度のあるクリニックなら、硬毛化への再照射も無料なので安心です。

そもそも、最初から硬毛化を防ぎたいという方には、ニードル脱毛や蓄熱式レーザーのメディオスター NeXT PROもおすすめです。

また、もともと太くて硬い髭やVIO部分は、硬毛化しにくい部分なので、脱毛の際に硬毛化を気にする必要はあまりない、といえます。

参考リンク:

硬毛化も理解できたし、効率よく脱毛をしたい…という方は、毛周期についても理解しておきましょう。脱毛は短期間でできるものではなく、1〜2年程度かかるもの。毛周期を理解して適切な頻度で脱毛をしていきましょう。

髭の毛周期を理解して無駄なく永久脱毛・間隔が短いと無駄打ちになることがあるので髭が成長期に入るまで待とう
髭の毛周期を理解して無駄なく永久脱毛。間隔が短いと無駄打ちになることがあるので髭が成長期に入るまで待とう髭脱毛をしようとクリニックに通い始めた際に気になる「早く脱毛したいのに、どうして1ヵ月以上も間隔を空けなければいけない?」と思う方も多い...