デート・恋愛

女性から告白された時の断り方ガイド!相手に合わせた上手な断り方からNG例まで紹介

告白 断り方

女性からの告白は嬉しいものですが、誰からでも手放しで喜べるかというと…時にはお断りしたい相手もいますよね。女性の気持ちに応えられない時には、どのような断り方にするかが重要!

女性を傷つけたくないという思いから、曖昧な態度をとっていませんか?断り方によっては一時的に女性の心を守れたとしても、結果的に良くない状況になってしまいます。

また、断り方よっては告白を受けた男性が恨まれてしまうというリスクもあります。

告白された時の断り方は

  • 相手を傷つけない
  • 相手から恨まれないようにする

の両方を満たせる内容にすることが大切。この重要ポイントを押さえた上で、女性のタイプに合わせた断り方ができれば完璧です。

女性から告白された時の断り方を紹介するので、いざという時に適切な行動がとれるよう頭に入れておいてください。

女性のタイプに合わせた上手な断り方、NG例まで具体的に説明しますので、告白を断った女性とも良い関係が築けるようになってくださいね!

女性を傷つけずに告白を断りたい…

感情的で面倒くさく感じることも

告白された相手に気がない場合には、気持ちに応えられないことをはっきりと伝えることが重要。男性は女性からの告白を受けて浮かれてしまったり、モテたままでいたいという欲が出たりすると思わせぶりな態度をとりがちです。しかし、中途半端な態度は告白後の関係を曖昧にし、トラブルの原因を作ってしまいます。

女性を傷つけずに告白を断りたいという男性のために、これから相手別の上手な断り方や断った後の対応を紹介します。

【相手別】告白の断り方ガイド

彼女の作り方2.女の子をデートに誘う方法
告白を断る時には、相手によって断り方を変えることが大切なポイント。正直に自分の気持ちを伝えるだけでは、不快な思いをさせてしまう恐れがあるからです。

できる限り相手を傷つけないためには、立場を意識した方法で断るよう心がけましょう。また、今後の関係を悪くしないためにも、相手によって断り方を変える必要があります。

ここでは、相手別に、断る際のポイントを紹介していきますので、あなたの該当する部分を読んで参考にしてください。

職場の上司や先輩からの告白

職場の上司や先輩からの告白を受けた時には、彼女達の立場を第一に考えましょう。自分よりも立場が上になるので、失礼にならないような断り方にすることが重要です。仮に女性としての魅力を感じられなかったとしても、それをストレートに伝えてはいけません。

立場が上の女性のプライドを傷つけないためには「恋愛モードではない」「彼女がいる」「職場恋愛はしたくない」など環境やタイミングが理由だと伝えましょう。

職場の同僚・女友達など今後も会う女性からの告白

年上彼女

職場の同僚・女友達などへの断り方を考える時には、今後も関係が続くということを真っ先に考えてください。これからも良い関係を続けるために、「気持ちは嬉しい」ということを一番に伝えます。

そして、断る時には重々しい雰囲気にならないように気をつけて!今後の関係を一番気にしているのは、告白をした女性自身です。断った後も険悪なムードにならないよう自然に接しましょう。

知り合い程度の関係の女性からの告白

あまり親しい間柄ではなく、知り合い程度の関係の女性が相手だった場合には、「気持ちに応えられない」とはっきりと断りましょう。今後も滅多に会うことはないので、はっきりとした断り方をして大丈夫です。

ここまでは難しくありませんが、問題はこの後です。「友達なら…」と中途半端な関係を許してしまうと、彼女に期待を持たせてしまいます。彼女が、どうしても友達として仲良くなりたいと希望した場合を除いて、自ら関わって希望を持たせないようにしてください。中途半端な関係はトラブルの元になります。

後輩からの告白

年上 甘え
後輩からの告白を受けた時に男性がよく使う断り方が「妹にしか見えない」ですが、これはNGです。告白を断る理由になっていませんし、「妹でもいい!」と彼女に言われたら、付き合うことになってしまいます。

妹的な存在の彼女になりたいと思っている女性もいるので、妹にしか見えないというのは断る時のセリフとして不適切です。断る時には、「付き合えない」という事実をはっきりと言葉にしてください。

元カノからの告白

時には元カノから復縁したいという告白を受けることがあると思います。他の女性と違って情が移っていることがあるので、流されてしまわないことが大切です。やり直す気がないのであれば「復縁する気はない」と、もう前に進んだことをハッキリと伝える断り方にしましょう。

元カノがすぐに納得してくれない時には、話し合いの時間が必要です。その際には、元カノと過ごした時間や思い出を否定するような発言は絶対にしないようにしましょう。付き合っていた頃の良い思い出まで否定されてしまうと、元カノがショックで立ち直れなくなってしまいます。

告白を断る際に付け足すべき!おすすめワード3選

メンヘラ彼女 自信ない
告白の断り方は、断ったという結果よりも断るまでの過程が大切。告白を断る際に相手を気遣う言葉をどれだけ使うことができるかで、受ける印象が大きく変わるからです。

告白を断ることで相手にショックを与えるのは仕方ないにしても、後味の悪い思いはさせたくないですよね。今後も出来ることなら相手の女性といい関係でいたい!という男性に、「付き合えない」の一言に添えると印象が変わるワードをご紹介します!

「好きになってくれてありがとう。」

どんな時でも最も重要なのは感謝の気持ちをしっかりと言葉にすることです。特に告白を断られるという侮辱的な気持ちになりがちな時には、ありがとうの一言が大きな意味を持ちます。

告白を受けた時には「好きになってくれてありがとう」という言葉を、必ず言うようにしてください。ありがとうと言われて悪い気持ちになる女性はいません。あなたのことを好きになって良かった…という思い出になるよう、気持ちを込めて伝えてくださいね。

「気持ちを伝えてくれて嬉しい。」

世の男性は、どうやって女性に出会っている?

告白という行為に対しての気遣いを表す言葉が「気持ちを伝えてくれて嬉しい」です。告白をする時の女性の気持ちは緊張で倒れてしまいそうなほどです。そんな思いまでして自分に告白をしてくれたと考えると、断り方の中に自然とこのセリフが出てくるでしょう。

また、好きだという気持ちを知ることで、自分が嬉しく感じたということをストレートに伝えることができるセリフでもあります。好きだと言われて嬉しい、この気持ちに嘘はないはずです。素直に気持ちを相手女性に伝えれば、彼女も好きになって良かったと良い思いでにすることができるでしょう。

「俺なんかが〇〇を断るなんて…」

相手女性に敬意を示す断り方としては「俺なんかが〇〇を断るなんて…」があります。自分の立場を下げることで、相手を尊敬している気持ちを強調できるセリフです。上から目線で告白を断られると最悪の気分になりますが、自分を持ち上げてくれれば、本当にいい人なんだな…と穏やかな気持ちになれます。

このセリフを使う時にはわざとらしくならないように十分に注意をしてください。変に何度も繰り返すと嫌味のように聞こえてしまいます。少し恥ずかしがりながら、さりげなく伝えましょう。

告白を断った後に逆恨みをされないためには?

メンヘラのよくある行動9.忙しいのに、連絡がしつこい
告白を断る時に気になるのは、断った後に彼女に逆恨みをされないかということですよね。何も考えずに断り方を決めてしまうと、相手の感情を逆なでしてしまう危険があります。逆恨みされて嫌な思いをしないために、断る際にはしっかりと予防線を張っておきましょう。どういった点に注意すべきなのかを説明します。

あまり返事を待たせないようにする

告白を受けて断り方を慎重に考え過ぎると、相手を長く待たせる結果になることもありますよね。しかし、待たされている相手のことも考慮するのが大切です。

告白をしてから返事を待っている間というのは、相手にとっては非常に辛い時間。普段の何倍も長く感じられるので、できる限り早く結論を伝えるようにしましょう。目安としては最低でも1週間以内に返事をするのが適切です。

思わせぶりな態度をとらない

年下彼女 良好

女性から告白を受けたという喜びのあまり、好きでもないのに「断るのも悪いし…」と思う男性がいます。そういった気持ちがあると、ハッキリと断れなくなって思わせぶりな態度をとってしまうでしょう。

期待できると感じた女性は一時的には喜びの感情を持ちますが、その後やっぱり可能性がないと分かれば、大きなショックを受けます。最初に断られるよりも、期待した分だけショックが大きくなるので、逆恨みに発展しやすいパターンです。

すぐに彼女を作らない

告白をして振られた後でも、彼女はあなたの行動を見ています。すぐに気持ちを切り替えることができなければ、その後も片思いを続けることになるからです。

振られた直後に彼女ができたことを知れば、振られた当人はいい気持ちはしません。「私が振られたのは、あの女のせいだ…」という感情を持たれると、被害が新しい彼女に及んでしまう危険もあります。誰かから告白を受けた後には、すぐに彼女を作らないようにしたほうが賢明です。

特に、告白してきた女性がメンヘラの場合、新しい彼女への逆恨みのリスクが高まるので注意が必要。メンヘラ女性の特徴は以下をご覧ください。

メンヘラ 特徴
メンヘラ女性の特徴大全!36の特徴を知り、出会った女性がメンヘラか見極めようメンヘラな人の中でも女性と男性では特徴が異なり、メンヘラ女性の見極めは非常に難しいです。 メンヘラ女性かもしれないと警戒しながらも...

周りに言いふらさない


告白を受けたことを周りに言いふらさないのは人として最低限のマナーです。どのような内容だったにしても、そのことを他人に言いふらさないようにしてください。

自分が誰かに告白をして断られた後に、他の人がそれを知っていたらショックですよね。親しい間柄の人には話をしたくなるかもしれませんが、できる限り公言しないほうが良いでしょう。

告白を断った後の対応

告白の断り方を考える時には、断った後の対応まで配慮しておきましょう。告白を断ってからも関係が続く時には、断った後の対応次第で関係が上手くいくか壊れてしまうかが決まります。また、告白後に相手の気持ちを確認してケースバイケースで対応していくことが大切。それぞれのケースごとに適切な対応を紹介します。

相手が諦められないというなら…

告白相手が諦められないという気持ちを持っている時には、思わせぶりな態度をするのはやめましょう。好きでいてくれると思うと構ってあげたくなるのでしょうが、ここで曖昧な態度をとると相手に期待させてしまいます。

まだ可能性があると分かれば相手は更にあなたに強い気持ちを抱くようになります。その結果、相手がストーカー化するというケースも考えられます。そうならないためには、ハッキリと気持ちに応えられないと伝えるしか方法はありません。どっちつかずな態度を取らずに、きっぱりとした断り方をするようにしてください。

相手が今まで通りの関係を望むなら…

振られた後に今まで通りの関係を希望された場合には、気持ちを切り替えて、明るく接しましょう。告白をして振られたという事実は消えませんが、時間が経てば徐々に元の関係に戻れます。

告白後には多少気まずい雰囲気になっても大丈夫。誰でも告白を断られた後は多少の恥ずかしさや悲しみがあります。これを良い思い出にできるかどうかは、振られた後の過ごし方次第です。気持ちを切り替え、これまで以上に良い関係を築くつもりで、前向きに関係を作っていってください。

相手の女性を困らせるダメな断り方3選

年上 ケンカ
告白をした女性が困ってしまう断り方にしないことも、考えておくべき重要なこと。自分の気持ちばかりを重視して断り方を決めてしまうと、相手を余計に傷つけてしまうからです。

相手がどのような気持ちになるかを考えながら、断り方を決めましょう。女性を困らせるダメな断り方を紹介するので、注意点として参考にしてください。

ハッキリ答えを出さずにキープ

告白してくれた女性を手放したくない男性が行うのが、告白の答えをハッキリと出さずにキープすることです。これでは、女性は都合よく利用されているだけなのでは?という気持ちになってきます。今後がどうなるか分からず女性が困ってしまうので、このような自分勝手な断り方をしていないか十分に気をつけてください。

相手を傷つけるようなことをいう

メンヘラ 彼女
ハッキリ断らないと!と思うあまり、必要以上に相手を傷つけるような言葉を使う男性がいます。しかし、ハッキリと告白を断ることと相手を傷つけることは別です。相手が納得するような断り方にしながら傷つけないようにするのが、告白を断る時の基本です。傷つけないでも相手に言いたいことが伝わるような言葉使いを考えましょう。

1度OKしたのにも関わらず振る

気まぐれな男性は気楽な気持ちで告白にOKして、その後「やっぱり付き合うのやめる」とあっさり言うことがあります。OKをもらって最高に嬉しい気持ちになってから、短期間で振られるという経験をした女性がどれだけ傷つくか考えてみてください。これでは振られるショックも2倍です。告白の返事を決める時には、慎重に答えを決めましょう。

告白の断り方に関するQ&A

2.会話の流れで疑問形を送ってくる
告白のケースごとにおかれている状況が違いますが、告白の断り方で多くの人が悩む事柄があります。疑問点になることの多い問題について解説します。

告白の返事は直接とLINEどちらが正解?

告白の返事を直接相手に伝えるか、LINEを使うかは、誰もが一度は悩む問題でしょう。しかし、この点に関しては正解はありません。その時々によって直接のほうが好ましいこともありますし、逆にLINEのほうが良いこともあります。

指標になるのは、「どのような形で告白をされたか」です。勇気を出して直接告白をしてくれた相手には、できるだけ直接返事を出したほうがよいでしょう。

直接告白されたらその場で返事を出さなくてはいけない?

簡単ですぐに出会うなら、やっぱりマッチングサイトがおすすめ
直接告白をする女性は、できればその場で返事が欲しいと思っているでしょうが、焦ると答えを間違えてしまう危険があります。何よりも重要なのは真剣に考える事!すぐに答えが出せない場合には持ち帰って後日返事をするのもOKです。しかし、あまりにも待てせてしまうことは避けましょう。

LINEで告白されたらLINEで返事?

LINEで告白された場合には、LINEで同じように返事をしても、直接でもどちらでもOK!LINEは文字だけで気持ちを伝えないといけないので、言葉の選び方が難しいかもしれません。うまく断る自信がない場合には、直接もしくは電話の方が誤解を生む可能性は低くなるでしょう。

2人以外も見ている場で告白されたら?

出会いが増やせる場所2.合コン
告白を友達に協力してもらった時などは、2人以外も見ている状況で答えを伝えなくてはいけません。この時には相手のプライドを傷つけないことを第一に優先しましょう。他の人が見てる前で恥をかかされた!と逆恨みに発展してしまうことがあるからです。失礼のないよう丁寧にお断りしてください。

まとめ:告白の断り方は相手との関係によって変わってきます!

告白を断るというと悪いことをしているような気分になるかもしれません。しかし、相手を不快にさせない断り方をすることができるようになれば、嫌な気持ちを最小限にすることができるでしょう。

そのためには、相手との関係によって適切な断り方ができるようになることが重要です。それに加えて、一貫して、相手の気持ちに真摯に向き合う姿を見せる事を忘れないようにしましょう。

そうすれば、相手をそこまで傷つけることなく断ることができます。また、告白後に女性から恨まれるリスクも低くなります。告白を受けて断り方に迷った時には、今回の記事を参考にしてくださいね。

参考リンク:

女性とのやりとりはとにかく場数を踏むことが大切。また、女友達を多く作ることで、様々な悩みを相談することもできますよ。

女友達を作るのにはマッチングアプリがおすすめ。マッチングアプリは恋人関係だけでなく、飲み友達やランチ友達の募集もできます。

マッチングアプリ おすすめ 比較
マッチングアプリおすすめランキング2019!本気の女性と出会える人気アプリを徹底比較「いい出会いがなくて彼女ができない」「女性との出会いを増やしたいけどマッチングアプリを使うのは不安」という悩みはありませんか? 恋...